世界の事例に見る「規制」と「利点」--解禁へ向け動き出したインターネット選挙運動[6]

世界の事例に見る「規制」と「利点」--解禁へ向け動き出したインターネット選挙運動[6]

藤末健三 民主党参議院議員

2010年3月10日、筆者は参議院予算委員会で、「インターネット選挙運動解禁」についても質問する機会があった。すでに鳩山由紀夫首相がネット選挙解禁に賛同していることは、第1回の記事のとおりだが、質問を通じて、新たに、菅直人副首相・財務相もネット選挙の推進に賛同していることが確認できた。

今回は、第3、4、5回と他国の事例を見てきたまとめとして、規制の各国比較を確認し、選挙において有効活用されているツールの数々を復習、さらに最新の状況も解説していきたい。

各国の規制の比較

第3、4、5回で見たように、諸外国におけるインターネット選挙運動は、ほぼ自由に行える。それに対して日本のインターネット選挙運動は、選挙運動期間(選挙の公示日後)になると、ホームページ、電子メールという主力の武器が使えないという状況だ。

もちろん、ブログの更新、ツイッターの更新(筆者も国会にて確認した)、SNSの利用や動画サイトの更新もすべてできない。第1回で説明したように、パソコン画面に表示される電子データが公職選挙法142条における文書図画(ぶんしょとが)扱いされてしまうことがその原因だ。

世界の状況に比して、日本がいかに遅れているかと、言わざるをえない。


インターネット選挙運動向けツールの最新状況

さて、選挙運動期間中は上述のように制限がある日本のインターネット選挙運動だが、それ以外の時期(「政治活動」期間と呼ばれている)においては、ほぼすべてのツールが使える。日本でも一部の政治家は、政治活動期間中にこれらのツールを最大活用していると考えられる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT