「頑張ることをモットーにする人」が陥る3つの罠

89歳のシスターが伝える「不安を消すヒント」

他人の評価が幸せの基準になっていませんか?(写真:metamorworks/PIXTA)
「私たちは『苦難の時代』の真っただ中にいる」と語るのは、 1800年にフランスで創立されたカトリックの女子修道会「聖心会」のシスター、鈴木秀子氏。生活が激変し、将来の見通しが立たない今、まじめな頑張り屋さんほど出口のない罠に陥りやすい。そんなピンチに効く処方箋を、シスター鈴木の著書『あきらめよう、あきらめよう 不安、イライラ、怒り、執着を消すヒント』から紹介する。

他人の評価が幸せの基準になっていませんか

新型コロナウイルスの感染拡大以降、先行きがまったく見えない中、誰もが大きな不安と戦っています。「こんなときこそ頑張らなくては」と気を張っている人もたくさんいるでしょう。でも、頑張り続けた結果、心を擦り減らしてしまっていませんか?

これは40代女性のSさんから伺ったお話です。

「私たち夫婦には小さな子どもが2人いまして、すぐに家中が散らかります。毎日、掃除をしてばかりです。夫は『散らかったままでいいよ』と気にもしません。でも、近所に住んでいる姑が時々遊びにくるので、片付けないといけないのです。『子どもの面倒を見て、家事もしっかりできるいいお嫁さん』だと、お義母さんに思われたいのです」

Sさんの「『いい嫁』と人に思われたい」気持ちはよくわかります。そのおかげで家中がきれいなのもいいことです。

でも、Sさんは、お姑さんの評価がなければ「私は幸せだ」と感じられなくなってしまっています。このままでは、お姑さんの目をずっと気にして頑張り続けなければいけません。

Sさん自身が幸せだと思えるようになるためには、考え方を変えるだけでいいのです。「家はスッキリきれいにしておいたほうが家族も、お義母さんも、そして私自身も気持ちのいい時間を過ごせる。だから、きれいにしておこう」と。お姑さんからの評価に向いていた目を、自分や家族の幸せのほうへ向けるのです。

次ページ「ほめられること」には中毒性がある
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT