メットライフが募集人情報流出の失態

「ほけんの窓口」の情報がライバル「みつばち」に

募集人情報を流された「ほけんの窓口」は大激怒(撮影:尾形文繁)

保険代理店業界の関係者によれば、この手のイージーミスは決して稀有なことでないという。通常は情報を流出された代理店と、情報を受信した代理店の間では問題にしない。ミスをした保険会社も、金融庁などから管理を厳しく問われる「顧客情報」と違い、募集人の情報についてはそれほど問題にしてこなかった、という経緯がある。今回の誤送信のようなお粗末なミスは、表面化することもなくこれまで済んでいた。

今回はなぜ違ったのか。問題が大きくなった背景には、ほけんの窓口とみつばちが、お互い“天敵関係”にあるという特殊事情もある。

ほけんの窓口を創業し、来店型保険ショップ最大手に育て上げた今野則夫氏は、消費税法違反(消費税の不正還付)で在宅起訴され、社長職も退任。その後、みつばち保険グループの大株主である光通信の顧問に就任し、古巣と真っ向から衝突しているというのは、業界周知の事実である。よりによって、募集人という代理店の販売力の根幹をなす情報を、ライバルに流されたわけだから、ほけんの窓口が怒るのも致し方ない。ましてみつばち側は、ほけんの窓口側から募集人を引き抜いていた、とも囁かれる。募集人情報が競合の手に渡り、悪用されないか、という強い危惧を抱くのは当然かもしれない。

謝罪に訪れたのは課長クラス

メットライフの研修担当者が誤送信したのが6月30日で、それが判明したのが1週間後の7月7日。誤って受信したみつばちから、メットライフが報告を受けたためだった。慌てたメットライフはみつばちに対し、誤送信したファイル情報の削除、データ転用の有無の確認、今後データを転用しない旨の確約を求める依頼など、ゆうに1週間を費やした。被害者であるほけんの窓口には、判明翌日の8日に電話で報告している。

7月11日には、メットライフの営業担当課長が顛末書を持参し、ほけんの窓口を訪れて謝罪。差し出した名前は業務部門のセンター長で、宛て先はほけんの窓口グループの窪田泰彦会長兼社長だった。一方、ほけんの窓口は執行役員などが対応し、原因究明や再発防止、社外への公表などを要求した。が、ほけんの窓口が納得できる回答は、この時点では得られなかった。ほけんの窓口側から、「本来、上長が来るべきではないか」と問われたメットライフの営業課長は「上長はいなかったから」と返答。これがほけんの窓口の怒りを、さらに大きくしたようだ。

次ページリリースが出されるまでのやり取りは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。