アウトドア「キャプテンスタッグ」の意外な来歴

新潟の調理器具メーカーから45年前に誕生

高い品質と手頃な価格を両立させた「キャプテンスタッグ」のキャンプ用品は、抜群のコスパを誇る(写真:OCEANS編集部)
この記事の画像を見る(12枚)

現代社会において、買い物の選択肢が多いことは喜ばしいことではある。が、これだけ多いと逆に何を選べば良いのか悩んでしまうことも事実。

そんなときのために、「これなら間違いない」という定番の選択肢を誰しもが持っているはずだ。

当記事は、『OCEANS』の提供記事です。元記事はこちら

インスタントラーメンでいえばカップヌードル。スニーカーだったらコンバース。サーフボードはドナルド・タカヤマ。ロイホで迷ったらコスモドリアが鉄板……etc.。

キャンプ用品にも、「外さない鉄板ブランド」がいくつか存在する。なかでも、高い品質と手頃な価格を両立させた抜群のコスパを誇る選択肢が「キャプテンスタッグ」だ。

「アメリカで見たBBQを日本でも再現したい」

キャプテンスタッグは、金物の町・新潟県三条市を拠点とする家庭用品メーカー、パール金属株式会社のアウトドア部門として1976年に誕生した。

現在は調理器具から収納用品にいたるまで、家の中にあるものは何でも揃うほど、幅広い製品を手掛けている。

シェラカップやテーブルなどの金属加工を得意としている(写真:OCEANS編集部)

キャプテンスタッグ設立のきっかけは、社長の高波文雄氏がアメリカの市場調査に赴いた1975年のこと。大型グリルを使って、公園でBBQを楽しむ家族を見て衝撃を受けたことに端を発する。

「日本でも、このBBQを再現したい」。

当時の日本にBBQ文化はまだなく、アウトドアで食事をするのは花見くらいだった時代。

もちろん、BBQ用の網など存在しない。最初は玄関用の金属マットを網代わりにして、河川敷でレンガを囲炉裏型に組んで肉を焼いていたらしい。

次ページ日本ならではの需要に合わせて
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 今見るべきネット配信番組
  • 近所で有名な「気になる夫」の生態
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT