インドで始まった電力セクターの近代化

世界4位の電力大国の変革

「停電は当たり前」から脱出できるか(撮影 omer sukru goksu)

ナレンドラ・モディ首相が3期州首相を務めたグジャラート州での功績の一つが、電力セクターの改革です。インドはしばしば停電が起こることで有名ですが、グジャラート州はインドで唯一の電力が豊富な州となりました。

モディ首相は送電と料金徴収の仕組みを改善したのでした。その結果、電気料金はほかの州より割高になりましたが、安定的に供給できるようになりました。

このグジャラート州の電力改革を、インド全土にも広げられるか。これがモディ政権の今後の課題です。インドでは州ごとに発電・送電モデルが違うため、電力部門の大掛かりな改革計画が必要になりそうです。多くのインド人が電力部門の徹底改革を望んでいるのです。

人口の3割近くがまだ無電

世界銀行によると、インドの発電量は1兆0520億キロワット時(2011年)で、中国、米国、ロシアに続く世界4位の電力大国です。この発電量は独立時に比べて100倍に伸びた計算です。

しかし急速な経済成長で需要が供給を超えており、インド全体の電化率は75.3%にとどまっています。3割近くの人がまだ電気のない生活を送っているのです。また停電や電圧の低下も日常茶飯事です。電力は最も必要不可欠なインフラであり、人口大国インドの成長のカギであるにもかかわらず、インドでは安定的に供給されていません。そして電力需要は今後もさらに伸びる見込みですから、このままでは問題がさらに深刻化してしまいます。

また、インドの電力問題はインド文化のように多様性に富み、複雑です。エネルギー源は石炭、亜炭、天然ガス、石油、原子力、そして風力、太陽光、農業・家庭廃棄物など。そこに管理の緩さ、不明確な規制、盗電、政治的干渉などさまざまな問題要素がからみ、一朝一夕には解決不可能になっています。

次ページ省庁再編に着手
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT