横浜に登場「都市型ロープウェー」は世界で活躍

増える導入、NYやロンドンで観光と日常の足に

ロンドンの都市型ロープウェー「エミレーツ・エアーライン」(写真:PhenomArtlover/iStock)

コロナ禍で遠出が難しい昨今、「近場への旅」の需要が高まっている。そんな中、横浜のみなとみらい地区に2021年4月に開業した都市型ロープウェー「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマエアキャビン)」が注目を集めている。その路線延長は約600mと徒歩でも10分余りの距離だが、上空から景色を楽しむ観光需要で人気のようだ。

ロープウェーは山岳観光地やスキー場の足として使われることが多いが、近年は都市内の交通機関として導入される例も増えている。都市型ロープウェーは、街を横切る大きな川が流れている地域の道路渋滞を避けるなどといった目的で、両岸あるいは川岸と住宅地を結ぶ形で設けられていることが多い。

はたして世界各地にはどのような都市型ロープウェーがあり、どのように使われているのだろうか。

都市交通としても普及

ロープウェーは、鉄道やモノレールなどを敷設するのと比べ、圧倒的に工事費用が低廉で済むというメリットがある。空中を通るため土地の取得も少なくて済み、起伏の多い地形や大きな川をまたぐルートの建設も容易だ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

都市部の交通手段として導入例が増えているのも、そのような特徴を活かしたケースが多い。高地にあり起伏の多い南米ボリビアの首都ラパスでは2014年に都市型ロープウェーが開業し、現在では10路線・総延長30kmを超えるロープウェー路線網が広がっているほか、コロンビアの都市メデジンにも5路線の都市型ロープウェー網があるなど、新興国で都市交通としてのロープウェーが注目されている。

さまざまな海外の都市型ロープウェーでも、とくに有名なのはアメリカのニューヨーク(NY)にある「Roosevelt Island Tramway(ルーズベルト・アイランド・トラムウェイ)」、そして英国ロンドンの「Emirates Air Line(エミレーツ・エアーライン)」の2つだろう。

次ページマンハッタンと中州を結ぶ通勤の足
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT