フィフィ「日本愛」育み45年、歯に衣着せぬ快活人生 人気タレントの知られざる信念、私生活、仕事観

✎ 1〜 ✎ 95 ✎ 96 ✎ 97 ✎ 最新
印刷
A
A

フィフィさんの2冊目の書籍は『日本人に知ってほしいイスラムのこと』という、日本人にイスラム文化を解説する本だった。

国際化が進む日本だが、イスラムに対する理解はあまり進んでいない。衣食住、文化、習慣、歴史など、さまざまな視点からわかりやすく解説している。

「私自身、イスラム教徒です。小学校の頃は給食で豚の献立がある日は食べられないので、自分の家からおかずを1品持っていっていましたね。

実際に今も、そういうことで悩まれている親御さんは多いと思います。会社にイスラムの方がいる、出張でイスラムの地域に行ったりする人に役立つ本が作れたなと、自負しています」

アグレッシブな活動を続けてこられたフィフィさんだが、コロナ禍が訪れてからはどのように過ごしているのだろうか?

「私はたとえ災難があっても、それをバネにしてなにかを得るという生き方がしたいんです。コロナでも、コロナだからこそできることがしたいと思っています」

コロナ禍でも、災難でも、だからこそできることがしたいと話すフィフィさん(筆者撮影)

「浅い知識で話してきたから、もっと深いところに行きたい」

「とにかく今までは芸能と育児で大変でした。勉強するにもヒマがなくて、情報番組でもSNSでも浅い知識で話しているという自覚がありました。今はとにかくもっと深いところにいきたいので、毎日さまざまなことを勉強しています。勉強はコロナ禍が収まっても続けていきたいと思っています。また書きたいテーマが見つかったら、書籍を書くかもしれません」

コロナ禍で仕事が不安定になったり、収入が減ったりすることに不安は感じないのだろうか?

「そもそも私はお金のために働かないほうなんです。明細を見たこともないです(笑)。むしろお金よりも、やりたいことをやれているというのが大事なんですよ。

お金や他人の心など、自分ではどうしようもないことでは悩まないほうがいいですよ。ずっと悩んで考えていたって解決しないですから。とにかく自分でできることをする。前に進んでいくしかないですからね!!」

フィフィさんはとてもエネルギッシュで、話しているだけでこちらも元気になってきた。

これからもさまざまなメディアで活躍してほしいと思った。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
トヨタ初のEV、サブスクで多難な船出
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT