フィフィ「日本愛」育み45年、歯に衣着せぬ快活人生

人気タレントの知られざる信念、私生活、仕事観

さまざまなバラエティー番組や、情報番組にもコメンテーターとして出演し、活躍する外国人タレント・フィフィさん(筆者撮影)
この記事の画像を見る(3枚)
これまでにないジャンルに根を張って、長年自営で生活している人や組織を経営している人がいる。「会社員ではない」彼ら彼女らはどのように生計を立てているのか。自分で敷いたレールの上にあるマネタイズ方法が知りたい。特殊分野で自営を続けるライター・村田らむが神髄を紡ぐ連載の第96回。

エジプト出身の外国人タレントが歩んできた道のり

フィフィさん(45)はさまざまなメディアで活躍する外国人タレントだ。出身はエジプトであり、現在もエジプト人だ。

この連載の一覧はこちら

バラエティー番組や情報番組で活躍するフィフィさんだが、ブログやツイッターでは歯に衣着せぬ意見を発信し、たびたび話題になっている。

著書『おかしいことを「おかしい」と言えない日本という社会へ』(祥伝社)では、日本が抱える諸問題へ果敢に斬り込んでいる。

日本人にとって耳が痛い話も多いが、フィフィさんが日本とエジプトに対する深い愛情があることも伝わってくる。

フィフィさんがこれまでに歩んで来た道のりを伺った。

フィフィさんは2歳のときに両親とともに来日した。両親は2人とも大学教員だった。

「当時のエジプトの研究者はヨーロッパに行きたい人が多かったそうです。エジプトからヨーロッパは距離も近いですからね」

ただヨーロッパの大学の席はすでに埋まっていた。まだ日本へ行く人は決まっておらず余っていたので、フィフィさんのお父さんは立候補したという。

「父は日本の情報を何も持っていませんでした。言葉もまったくできずに来日しましたから、すごい苦労をしたと思います」

フィフィさんは2歳だったから当時の記憶はほとんどないが、それでもかすかに情景は覚えているという。

「母はお腹が大きい状態で日本に着いて1カ月で妹を生みました。私たちは三姉妹です。大学生が住むような狭い安アパートに5人で住んでいました。

ただ狭いんですけど、とにかく小ぎれいにしていました。小さい頃の写真を見ても、きれいな服を着させてもらっています。決してぜいたくできない環境でしたが、ママは常々、

『清潔感が大事なんだ』

と言っていました」

フィフィさんの両親はまったく知らない日本での活動に苦労をしたが、娘たちには娘たちの苦労があったという。

「私たちは普通の名古屋市の公立学校に通いました。当時はほとんど外国人がいませんでした。だから、どこに行っても私たちが最初の外国人でした。いつも、

『はじめてのケースです』

って言われながら育ちました。

日本語では苦労してないんですけど、クラスの人たちと一緒に過ごしているとどこかで壁が出てきます。『あ、私たちだけ違うんだ』と思うことは何度もありました」

次ページ湾岸戦争時、テレビ出演した母を見て感じたもどかしさ
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT