「事業仕分け」の力 枝野幸男著

「事業仕分け」の力 枝野幸男著

国の債務残高は2010年3月末で882兆円。1円たりとも税金の無駄遣いが許されないのは明らかだ。そこで政府は、昨年の11月から行政刷新会議による「事業仕分け」を始めた。

事業仕分けとは、国が行っている事業で無駄なものはないかを、公開の場で外部の視点を交えながら要不要などに仕分けしていく作業のこと。その結果、予算の無駄が多数明らかになった。

本書は、事業仕分けの意義と仕組みを、現役の行政刷新担当相である著者が解説したもの。公開で仕分けることによって、国民が税金の使われ方に関心を持つだけでも意義があったと説く。やり取りのドキュメントが問題の深刻さを物語る。

集英社新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
第2、第3のSMFGを育てたい<br>三井住友FG社長インタビュー

4月に就任した太田純社長に、厳しい環境下での新たな戦略を聞く。中長期的な1つの方向性として、新興国で現地の金融機関を核にした総合金融グループ、つまり第2、第3のSMFGをつくり、一流に育てたいという展望が語られた。