アイドルが宝塚歌劇団を超えられない納得の理由

一過性のブームではなく人気が衰えない秘訣

宝塚歌劇団の衰えない人気の秘訣はどこにあるのでしょうか(写真:maksicfoto/iStock)
ブームとなるような大ヒットを生み出すことは難しい。しかし、長期にわたって人気の衰えないロングセラーを生み出すことはそれよりも難しい。浮き沈みの激しいエンターテインメントの世界であればなおさらだ。だがそれを実現しているのが、宝塚歌劇団である。1914年の設立以来、100年以上にわたり存続し、年間300万人に及ぶと言われる動員数を誇る。その人気は衰えない秘訣はどこにあるのか。
元宝塚総支配人で現在、阪南大学流通学部准教授の森下信雄氏の新刊『宝塚歌劇団の経営学』では、宝塚がいかにしてその人気をサステナィブルなものにしているかの秘密が解き明かされている。

宝塚歌劇団が「アイドル超え」なのはなぜか

宝塚歌劇の女性ファンは、宝塚最大の特徴である、女性が男性を演じる「男役」の「成長」に伴走する経験を重視する。そして特定の男役のファンになった時点から退団までの10年余りの期間を見守る。これがファンの基本的な行動様式である。

『宝塚歌劇団の経営学』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

舞台に初めて立ったころには未完成な状態だった男役が、公演を重ねるうちに徐々に魅力を開花させていく――ファンにとってはそれを応援できることが重要なのだ、と同書は説く。

とはいえ、同様の楽しみ方自体は、広くアイドルファンにも見られるものだ。社会学者・太田省一が書いた『ニッポン男性アイドル史 一九六〇―二〇一〇年代』でも、アイドルは「歌や踊りが未熟であっても努力して成長する存在」と定義され、ファンはその成長を応援するのだ、と書かれている。

森下氏も2015年に刊行した『元・宝塚総支配人が語る「タカラヅカ」の経営戦略』では2000年代末から2010年代前半にかけて破竹の勢いだったアイドル・AKB48の成功に、宝塚のしくみとの類似を見ていた。

しかし一般的に、アイドルグループの人気は5年、10年はもったとしても、20年、30年にわたって全盛期の水準を持続することはまれである。2021年刊行の『宝塚歌劇団の経営学』では、その後AKBが失速し、一方で宝塚の人気は変わらずであったことに触れている。つまり人気をサスティナブルなものにするためには、「成長を応援できる」に加えて必要な何かがある。それは何か?

次ページ宝塚はロングラン公演をしない
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT