日産「マーチ」、11年が経過しても売れ続ける底力

誕生の歴史や位置づけから売れる理由を探る

マーチよりもワンクラス大きく、居住性の高さが魅力だったティーダ(写真:日産自動車)

日産には、コンパクトハッチバック車のマーチのほかに、5ナンバー枠に収めたやや大きめの「ティーダ」がかつてあった。これは大衆車として人気を得てきた「サニー」などの車種を補完する目的があったはずだが、ティーダはすでに売られていない。したがって、これまでティーダに乗ってきた人や、マーチよりやや上の車種を期待する人の選択肢は、ノート1台に絞られたことになる。その点では、ノートは消費者の期待に十分応えられる商品性を備えているし、見栄えも含め魅力ある商品力があると思う。

しかし、ティーダに乗っていた私の知人が、結局はノートへの買い替えをしたとはいえ、本心は、ノートのようなワゴン的な車種ではなく、従来型のハッチバック車が希望であったと話している。

ずっと変わらない、それがマーチの本質的な価値

ノートのようなワゴン的な要素を加えたハッチバック車は、輸入車ではアウディのスポーツバックに同様の発想があり、また車格を超えた話ではあるが、SUVのクーペ的な車種の人気も高まっている。

現行マーチのサイドスタイリング(写真:日産自動車)

そのように、複数の魅力を兼ね備えた車種開発が近年の傾向ではあるが、消費者としては、従来どおりのハッチバック車や、あるいは伝統的な4ドアセダンを好む人がまだいるはずだ。そういう消費者に対する選択肢は、自動車メーカーが流行を追う姿勢から狭まっており、そこに日産車での選択肢として、マーチに対する底堅い期待が残されているのではないか。

自動車メーカーの立場からすれば、車種を絞り込みながらより多くの消費者を満足させることが、合理的かつ経営の安定につながるのだろう。しかし、消費者の立場からすれば、従来どおりのクルマを使い続けたいとの希望も残るはずだ。マーチは、そうした消費者の期待に応えるコンパクトハッチバック車として存続しているのだ。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT