日産「マーチ」、11年が経過しても売れ続ける底力

誕生の歴史や位置づけから売れる理由を探る

2020年7月に一部改良し、安全性を高めたが、基本設計は変わらず、販売11年目に突入した現行型の日産「マーチ」(写真:日産自動車)

日産自動車のコンパクトハッチバック車である「マーチ」が、毎月安定して1000台前後で売れ続けている。その5~10倍近くを売るホンダ「フィット」やトヨタ「ヤリス」に比べると数は限られ、一般社団法人自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位では40位台後半という位置づけだが、2010年のフルモデルチェンジから11年経つ現在も、ベスト50位以内に顔を出すということは、マーチに対する根強い期待の一端を表しているのではないか。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

日産マーチは、1982年に初代が誕生した。競合は、トヨタ「スターレット」だ。ただし、1973年の初代スターレットはクーペに近い外観であり、2代目からハッチバック車となった。ホンダには、「シティ」があった時代だ。

マーチが誕生した1980年代は、コンパクトハッチバック車でもパワー競争が起きて、マーチにはスーパーターボと呼ばれ、スーパーチャージャーとターボチャージャーを装備する車種があり、スターレットやシティにもターボエンジン車がある、熱い時代だった。当時はそうしたハッチバック車を「ホットハッチ」などと呼び、身近に手に入れられる憧れの車種だった。

外観も走行性能も劇的に進化した2代目

1992~2002年まで販売された2代目マーチ(写真:日産自動車)

初代マーチが合理的で角張った外観であったのに対し、1992年の2代目では丸みを帯びたやわらかな印象を与える外観へ変貌した。同時にまた、小さな車体でも室内を快適に過ごせる構成とするなどにより、日欧でカー・オブ・ザ・イヤーを受賞している。この2代目では、日産として初のベルト式無段変速機(CVT)を自動変速機として採用し、燃費向上を目指した。

丸みを帯びたかわいいルックスが印象的な3代目マーチ(写真:日産自動車)

2002年の3代目では、また外観が大きく変わる。ヘッドライトを目玉のようにボンネット上で目立たせる造形となり、生き物のような外観を特徴とした。1999年には、日産がルノーと提携を結んだことから、このマーチはルノーと共同開発したプラットフォームが使われ、操縦安定性において格段の進歩を遂げている。そのほか、車体外板色を10色以上揃え、それも人気となり、街に彩り豊かなマーチがあふれた。

次ページ2010年にデビュー、11年目に突入した現行モデル
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • トクを積む習慣
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT