ユーザー数爆増、中国EC大手「京東」の決算の中身

2021年1~3月期決算は、事前予想を上回った

京東集団の2021年1~3月期決算は売り上げ、利益ともに大幅増だった(写真は京東集団のECサイトより)

中国のEC(電子商取引)大手、京東集団(JDドットコム)は5月19日、2021年1~3月期決算を発表した。今四半期は、売上高が前年同期比39%増の2032億元(約3兆4422億円)で、アナリストによる事前予想の平均値である1917億元(約3兆2474億円)を上回った。純利益は前年同期の11億元(約186億円)から大幅に増加し36億元(約610億円)を計上した。

1~3月期の決算報告の中でとりわけ目を引くのが、ユーザー数の増加だ。2021年3月末時点で、過去12カ月間のアクティブユーザー数は前年同期比29%増加して5億人に迫り、過去最大の増加幅を記録した。

とはいえ、競争相手である阿里巴巴集団(アリババ)は、2021年3月末時点で過去12カ間のアクティブユーザー数が8億1100万人、拼多多(ピンドゥオドゥオ)は2020年末時点で7億8800万人に達しており、京東集団のユーザー規模はまだ見劣りする。

事業セグメント別の損益に関しては、小売り事業の「京東零售」が73億4000万元(約1243億円)の黒字だったが、物流事業の「京東物流」が14億7000万元(約249億円)の赤字で、共同購買サービスの「京喜(ジンシー)」とインフラ・不動産管理会社の「京東産発」などを含む新規事業も22億8000万元(約386億円)の赤字だった。

内部取引総額は1748億円に及ぶ

ここで注目すべきなのは、「京東物流」と「京東零售」、新規事業に含まれている「京東産発」の間で内部取引が発生している点だ。具体的には「京東物流」からの「京東零售」に対する物流サービスの供与や、「京東産発」から「京東物流」に対する不動産賃貸サービスの供与などがある。これらの内部取引は、連結売上高から相殺消去される。2021年1~3月期における内部取引総額は、103億2000万元(約1748億円)に上った。

本記事は「財新」の提供記事です

京東集団のECプラットフォームでは出店者による商品販売とともに、同社直営の小売事業も行っている。テナントの出店料や、広告代理手数料、物流委託費などの「サービス料収入」は2021年1~3月期は279億元(約4726億円)と、前年同期比73%増加した。その一方で直営小売り事業の成長率は同35%にとどまり、大きく差が開いた。

(財新記者:原瑞陽)
※原文の配信は5月20日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT