新ルートに夢が広がる、JR西日本「銀河」の将来性

夏から京都―新宮間で運行、今後はどこへ?

筆者は2020年12月、昼間の運行時に下関から大阪までグリーン車を利用した。グリーン席は、かつての開放型A寝台車に似た構造であり、真ん中に通路が設けられ、両側に2人掛けのボックスシートとなっている。座席はリクライニングしないが、頭まですっぽりとホールドされる構造になっている。

しかしながら腰の部分の安定性があまりいいとは言えず、備え付けのクッションを当てて調整する必要があった。ただ、グリーン車の座席は引き出せば寝台にもなるため、疲れたら横になれる利点はある。

“ノビノビ座席”は頭上の圧迫感があり、昼間に座席として使用するときは、瀬戸内海のほうを向いて座るようになっているが、マットが柔らかいことから、寝心地はグリーン車よりもいいかもしれない。寝台と寝台の間隔を詰めたうえで、トイレと洗面所の数を、1両当たりに1か所ずつとすることで、1両当たりの定員を40人程度に設定できるように感じた。

一方、普通車の座席はシートピッチが1200mmもあり、新幹線などのグリーン車よりもゆったりしているだけでなく、背ずりも高いため、頭まで完全にホールドされる。また座席もリクライニングするため、フットレストこそないが、座り心地に関しては、普通車の座席のほうがいいように感じた。

今後の可能性は?

「銀河」は、夜行列車の復権を掲げており、各方面からもそれを期待する声が強い。だが筆者は、夜行の復権を含めて以下に挙げる3つの可能性があると考える。

1:夜行列車(寝台)の復活
2:昼行の特急列車の活性化
3:「シュプール」(スキー列車)の復活

「銀河」を活用することで、これらをどのようにして実現できるであろうか。まず、夜行列車復権に向けた可能性である。今年の夏~秋にかけての京都―新宮間の運転では、往路が夜行となる。

かつて天王寺―新宮間には、普通夜行列車「はやたま」が運転されており、寝台車の営業もあった。その後、寝台車は廃止されたが、列車自体の運転はJRになっても継続された。この列車が運転されていた背景に、紀伊勝浦から新宮周辺が磯釣りのメッカであり、釣り人が主な利用者であった点が挙げられる。

次ページ夜行列車で観光客誘致
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT