意外に多い、贅沢な「個室旅」ができる列車5選

密と無縁でゆったり、家族連れなどから再注目

個室を備える東武鉄道の特急「スペーシア」(撮影:梅谷秀司)

新幹線や寝台特急に以前はよく見られた鉄道車両の「個室」。最近は旅行商品として販売する観光列車などを除き、定期列車では数少ない存在だ。しかし、新型コロナの影響もあり、家族旅行などの強い味方として再び注目を浴びている。

今回は、「定期列車」かつ、旅行商品ではなく空室があれば「思い立った時に予約・乗車」できるもの、そしてドアがあり完全個室となる設備がある列車の中から、5つピックアップして紹介したい。

まずは関東のベテラン車両

1)東武特急「スペーシア」

首都圏と日光・鬼怒川エリアを結ぶ、新幹線のような流線形をした東武鉄道の観光特急。1990年に登場した“ベテラン車両”だがゴージャスな造りは今でも色あせず、人気の列車だ。全身金色の「日光詣スペーシア」も2編成存在する。

重厚感あるシートが向かい合わせのスペーシアの個室(撮影:梅谷秀司)
金色の「個室」の文字がリッチな雰囲気を盛り上げる(撮影:梅谷秀司)

そんな同列車の6号車はまるまる1両が個室車両となっている。車内に足を踏み入れると、じゅうたん敷きの廊下があり4人用個室が6部屋ズラリと並んでいる。個室の中に入ると2人掛けの重厚感あるシートが向かい合わせに配置され、間には大理石でできたテーブルがあり贅沢な気分が味わえる。快適な空間で首都圏から日光・鬼怒川への移動もあっという間だ。

個室は1人利用も可能。浅草―東武日光間の場合、乗車券+特急料金に加え、1室あたり平日3150円、休日3770円の個室料金をプラスすれば乗れる。きっぷはインターネット・ 特急券発売機能付き自動券売機や駅窓口、旅行代理店、電話予約で購入可能だ。

次ページ近畿を代表する豪華特急
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT