新ルートに夢が広がる、JR西日本「銀河」の将来性

夏から京都―新宮間で運行、今後はどこへ?

ただ、昼行列車として運行する場合、ダイヤに対する配慮が必要である。

東海道本線で快速列車と並ぶ「WEST EXPRESS 銀河」(写真:F4UZR/PIXTA)

筆者は下関―大阪間の昼行「銀河」に乗車したが、臨時列車であるから定期列車の合間を縫って運転せざるをえない。広島の手前の横川や福山の手前の備後赤坂では、扉も開閉しない状態で30分程度の運転停車があり、それぞれの駅で普通列車2本に追い越された。また、姫路―大阪間では土山で15分程度停車して新快速に抜かれるなど、停車時間が長い。

長時間停車が生じる際は、ホームでイベントを開催するなどの工夫は今後も重要であろう。

スキー列車は難しい…?

最後に、冬季のスキー列車としての可能性である。かつては冬になれば、スキー専用列車として「シュプール号」が多数運転されていた。ところが2000年代になると、不況やスキー人口の減少、高速道路の延伸、格安スキーバスの台頭、車両の老朽化もあり、「シュプール号」の運転は年々減少した。現在では「シュプール号」は運転されていない。だが、新たな夜行列車として「銀河」が登場した今、スキー列車としての活用も考えられるであろう。

かつてJR西日本で人気が高かったのは関西から信州方面への「シュプール号」であったが、この区間を運行する場合は他社への乗り入れが必要となり、乗務員確保の観点でも乗り入れは困難である。

そうすると、現在の「銀河」を使って運行可能なのは関西から大山(鳥取県)方面へ向けた、大阪(京都)―米子間が考えられる。だが、格安なスキーバスと価格面で競争するとなれば、列車は特急でなく割安な「急行」としなければ勝負にならないうえ、コロナ禍では定員まで乗客を乗せることができないため、当面は難しいであろう。

「銀河」は、試行という要素が強いと考えられるが、夜行列車(寝台)だけでなく、昼間の特急列車の活性化や「シュプール号」の復活など、今後に向けた展開が考えられる要素が盛りだくさんである。「銀河」のノウハウをベースに、新たな魅力的な設備やサービスを実施する列車が誕生することが期待される。

関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT