キャンピングカー「初心者」でも運転できるのか

普通免許で乗れるが「乗り味」は普通車と異なる

「免許制度はわかったけれど、やっぱり大きくて運転が不安」。

そんな声が聞こえてきそうだが、その点についても、ぜひ再考いただきたいと私は思っている。

果たして、キャンピングカーは本当にそんなに大きいのか?
まるでトラックのような外見。これに乗って動かすのか?という非現実感から、つい尻込みしてしまうのだが、実は測ってみると、さほど大きくないことがわかる。

例えば、ファミリーカーとして人気のトヨタ・アルファードは(モデルによって多少異なる)

サイズ=全長4,950mm×全幅1,850mm×全高1,950mm
最小回転半径(ハンドルをいっぱいに切って回った時の半径)=5.6m

これに対して、トヨタ・カムロードをベースにしたキャブコン、一例としてバンテック・コルドバンクスはどうだろう?

サイズ=全長4,990mm×全幅1,980mm×全高2,960mm
最小回転半径=4.9m

キャンピングカーらしい外観のコルドバンクス(画像提供:バンテック)

長さの差はわずか4㎝。幅の差は13㎝。高さの差はおよそ1m。運転する上で特に気になるのは幅や長さだろうから、思ったほど大きくないことはわかるだろう。

何しろキャンピングカーは、白くて大きな壁がそそり立っているように見える。そんな外見が邪魔をして、大きく見られているのではないだろうか。

エンジンが運転席助手席の下にあるキャブオーバータイプは、乗り降りこそ少々大変だが、視線が高く視界が良い。同じサイズの車両でも、むしろ運転はしやすいのではないか。リアビューカメラや360度カメラなどの助けを借りるのも良いだろう。

とはいえ、乗用車とは違う

背が高い分、視点が高くて運転しやすい。が、その分、重心が高いという特徴もある。また、側面積が大きいため横風の影響も受けやすいので、運転してみての「乗り味」は普通車とは違うと思っておいたほうがいい。

例えば、右左折でコンビニの駐車場に入ろうとすると、予想以上に大きく揺れて驚く人は多い。それだけ重心が高いということでもあり、急なカーブは苦手と思った方がいいだろう。

それに、似たような大きさとはいえ、先ほど紹介したアルファードとコルドバンクスでは重量が違う。それだけ、スピードの出し過ぎや急ブレーキへの影響も大きいと考えるべきだ。

特に高速道路など、普通車と同じ感覚で運転すると、車の挙動が違うことに驚かれるかもしれない。

キャンピングカーだからといって、運転がとっても難しい、ということは(よほどの大型車両でない限り)ない。だが、普通車よりも重心が高い・重量があることを意識して、普通車以上にスピードは控えめに。特にカーブではしっかり減速することが大切だ。

そもそも、キャンピングカーはのんびり旅を楽しむための車。その日、停まったところが宿になるのだから、目を三角にして飛ばす必要などないはずだ。無理をしないためにも、スケジュールには余裕を持って、マイペースな旅を楽しみたいものである。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT