近畿日本ツーリスト「債務超過回避」でも残る難題

ネット販売の強化に待ち受ける高いハードル

とはいえ、外部環境の厳しさは変わらない。今2022年3月期は売上高1800億円、営業損益は140億円の赤字を見込む(コロナ前の2019年3月期は売上高4118億円、営業利益25億円)。ワクチン接種が本格的に進み、Go Toトラベルの再開も回復を後押しするが、国内旅行は2019年3月期の50%程度にとどまるシナリオだ。

「修学旅行は現時点で例年どおりの予約だが、コロナの状況によって延期やキャンセル、コース変更があるだろう。一般の団体旅行も大きな受注がないが、後半には50%から60%、よくて70%に戻っていくのではと読んでいる」(米田社長)。

来年の海外旅行市場はどうなる?

一方で海外旅行は、2019年3月期の5%程度と計画する。ワクチン接種が年末に完了する前提で、終盤に渡航制限が緩和され、今期業績への貢献はわずかにとどまるとの見立てだ。つまり、旅行関連の本格復活は2023年3月期以降となる。

これに、自治体などのワクチン接種やPCR検査、助成金関連など受託事業が加わる。具体的にはクーポンの発券やコールセンター業務など後方支援の業務だ。ちなみに、オフィシャルパートナーを務める東京五輪ではチケット販売やスポンサー向けの企画、大会関係者のバス輸送(2500台を準備)などを請け負うが「五輪関係の業績影響は見込んでいない」(三宅貞行専務)。大会中止の可能性を織り込んでいるわけではないという。

また、コロナ以前からの構造的な課題も残っている。米田社長はユーザーの利便性が高いネット専業の旅行会社(OTA)が台頭してきたこと、交通機関やホテルが自社での直接予約を増やしていること、さらに旅行自体のニーズが多様化していることを課題として挙げている。

次ページ動画サービスにオンライン講座も展開?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT