近畿日本ツーリスト「債務超過回避」でも残る難題

ネット販売の強化に待ち受ける高いハードル

傘下の近畿日本ツーリストでは、個人向け旅行の店舗を中心に統廃合を急ぐ(記者撮影)

「今までの規模をはるかに上回る赤字で申し訳ない。遺憾だと考えている」――。米田昭正社長は終始、険しい表情を崩すことがなかった。

旅行会社大手の近畿日本ツーリストやクラブツーリズムを擁するKNT-CTホールディングス(KNT)。2021年3月期の売上高は前期比77%減の878億円、当期純利益は284億円の大幅な赤字(前期は74億円の赤字)決算となった。赤字幅は過去最大だ。

海外旅行の催行がほぼ不可能となり、取扱額はわずか22億円と98%減少。国内旅行も取扱額は70%減の790億円にとどまった。夏以降はGo To トラベルが貢献したものの、団体旅行、修学旅行なども自粛の影響で多くが延期や中止となった。また、グループ人員の2割に当たる1376人の希望退職関連費用なども計上している。

上場廃止のリスクは抑え込んだ

最悪の状況には手を打った。決算と同時に400億円の資金調達を発表している。主要取引銀行である三菱UFJ銀行と三井住友銀行が資金を貸し付ける合同会社2社、そして親会社である近鉄グループホールディングスに対し、議決権のない社債型優先株を割り当てる形だ。

KNTは2020年12月末時点で債務超過に転落しているが、今年6月末で解消される見通し。2期連続の債務超過による上場廃止のリスクは、大幅に後退した。

次ページそれでも楽観視できない切実事情
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT