日本人が知らない「中小企業M&A」、加速する4理由

公表されていない「本当」の日本のM&A市場は?

株主はつねにリターンを要求しますので、余剰資金は配当するか、さもなければ成長に向けた投資に振り向けなければなりません。

そうなると、企業価値を向上させる可能性があるM&A案件が目の前にあるのに、それを検討もしないということは、「株主に対して誠実に仕事をしていない」と見なされてしまいます。

もちろん、過剰な買収資金を投じて、逆に企業価値を毀損させてしまえば元も子もありません。しかし、日本企業も欧米と同じように「株主重視の経営」が求められるにつれ、積極的に企業買収による成長を検討せざるをえず、その結果日本のM&Aは増えることになります。

前述したように、日本のM&A取引総額の「対GDP比」は欧米の半分あるいはそれ以下ですので、日本のM&A市場は「将来的に倍増するポテンシャル」を秘めています。

M&Aから「欧米のビジネス感覚」を身につける

ここまで、「売り手、買い手の要因」「マクロ的視点」「欧米との比較」から、M&Aが増加すると思われる理由をお伝えしました。今後も、中長期の傾向としては、日本の中小企業のM&A件数は間違いなく増えていくでしょう

欧米で先行したビジネスやビジネス手法は、総じてその後の日本でも普及する傾向にあるといえます。日本でもM&Aが普及してきたといえども、欧米と比べればM&Aに対する感覚はまだまだ全然違います。欧米では、会社を売却できることは「成功者の証し」です。

また、「グーグル」「アマゾン」「フェイスブック」「アップル」「マイクロソフト」のアメリカのテクノロジー大手5社は、これまで5社総計で優に700社以上の買収を実行し、「日常的」ともいえるほど頻繁にM&Aをしながら企業価値を増大させてきています。これが欧米の経営者の感覚です。

日本のビジネス界が一足飛びに欧米ほどM&Aが普及した状況になるとは思いません。しかし、中小企業の経営者も「M&Aに対する抵抗感」も薄れてきており、普通にM&Aの話ができるようになってきましたし、買い手企業側でもM&A・投資に精通した人材も増えてきており、欧米の感覚に近づきつつあります

いずれにしても、「M&Aはビジネスパーソンとして必須の教養・知識」になってきていますので、「M&Aといわれても、まだよくわからない」という方は、この機会にM&Aについて、じっくり学んでみてはいかがでしょうか。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT