アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

高松智史「変える技術、考える技術」が1位に

『変える技術、考える技術』が1位に輝きました(写真:ふじよ / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、5月9日~15日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『人新世の「資本論」』が2位

今週(5月9日~15日)のランキングでは、前週6位だった『変える技術、考える技術』(高松智史著、実業之日本社)が1位に輝いた。

『変える技術、考える技術』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週1位だった『人新世の「資本論」(集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。

3位には、前週2位だった『本当の自由を手に入れる お金の大学』(両@リベ大学長著、朝日新聞出版)がランクインした。

前週124位から51位に順位が急上昇したのが、『武器としての図で考える習慣:「抽象化思考」のレッスン』(平井孝志著、東洋経済新報社)だった。東洋経済オンラインの記事(頭のいい人が図を使って考える3つの訳【動画】)が影響した模様だ。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 財新
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT