世界に逆行!音楽CDが売れる「K-POP」の驚く進化

人気のBTS、BLACKPINKも含めて見られる方向性

韓国ではなぜ音楽CDが世界に逆行して売れているのか。その事情とは?(写真はSMエンターテインメント 本社。写真:Lee Jae-Won/アフロ)
インターネット先進国の韓国では今から18年前の2003年、世界でもかなり早くに音楽配信の売り上げが音楽ソフトの売り上げを上回っていた。しかも、世界各国で音楽ソフトの売り上げが軒並み下がっているのとは反対に、韓国では珍しく伸びているのだった。
なぜ韓国ではCDがいまだに売れているのだろうか。K-POPの現地クリエイターへの取材をもとに、クリエイティブの観点からひもといた『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』から抜粋・再構成して紹介する。
この記事の画像を見る(3枚)

判型・仕様・素材・封入物なんでもあり

近年アナログレコードやカセットテープを購入する若者が増えているが、その「アナログ回帰」とは異なる方向でK-POPのCDはニーズを発掘している。その秘密の鍵を握るのは、独自のプロダクト性だ。私がデザイナーとして韓国に渡ったきっかけは、K-POPのCDデザインの美しさだった。

友人からシェアされたWonder GirlsやSE7ENのMVを見て、「あれ、思ってた『韓流』のイメージと違うかも?」とぼんやり気づき始めていたところに、新大久保で出会ったK-POPグループの多彩な形状のCDに完全にビビッときて、そこからのめり込むようにデザイナーやアートディレクターを調べるようになったのだった。

単にデザインがかっこよかったから、というのもあるが、miss A『Bad but Good』(2010年)の規格外の三角形のCDや、SUPER JUNIOR『Mr.Simple』(2011年)の30センチ四方の巨大なCD、さらにはBIGBANG『ALIVE』(2012年)の、タイトル通りにだんだん錆びていく鉄の容器など、日本ではまず見たことがないようなパッケージには韓国人クリエイターのデザインに対する探求心が見事に詰め込まれていた。

それらの大半が輸入盤で2000円以下で買えるにもかかわらず(韓国では1200~1400円)、ほとんどのCDには歌詞カードに加えて分厚いブックレットが当たり前に付いているのも、これまで自分が知っているCDとはまったく違っていた。

K-POP黎明期の2005年からBIGBANGやBLACKPINKを輩出したYGエンターテインメントでデザインを担当していたアートディレクターのGDSTさんによると、K-POPのCDパッケージがこれほどまでに多様化したのは、わずかここ10年ほどの話だという。

1990年代〜2000年代後半までの韓国のCDを見ると、日本でも定型の、正方形のプラスチックケースの前面に歌詞カードを入れて、その向かいにCDが収まった形態だったことがわかる。

次ページ大手2社にデザイン・ビジュアルの専門チームが
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT