関係者が語る「ビル・ゲイツ氏」離婚前の疑問行動 女性部下にアプローチ、会議で妻を軽視…

印刷
A
A

関係者らによると、ニューヨーク・タイムズの記事にはフレンチ・ゲイツがそれまで知らなかった、ゲイツとエプスタインの交流が書かれていたという。関係者によると、フレンチ・ゲイツはその記事が出てからからまもなくして、夫婦の財産分与の支援を得ようと離婚弁護士その他助言者への相談を始めたという。ウォールストリート・ジャーナルは以前、フレンチ・ゲイツが弁護士を雇ったタイミングを報じている。

エプスタイン邸へ繰り返し訪問

ニューヨーク・タイムズで明かされた内容は、夫がエプスタインと交流していることに不快感を表明していたフレンチ・ゲイツにとって特に不愉快なことだった。

エプスタインは2019年、若い女性の性的人身売買の罪で告発されてからまもなく、連邦政府による身柄拘束中に自殺した。フレンチ・ゲイツは2013年秋、エプスタイン邸でゲイツとともに会食した後不安感を表明していたと、会食とその後の顛末を知る人物は語っている(この件は「デイリー・ビースト」が先だって報じている)。

ゲイツは何年間にもわたり、食事や打ち合わせのためにエプスタイン邸へ訪問し続けた。エプスタインはつねに若く美しい女性に囲まれていたと、実際に現場にいた2人、および集まりに関する話を聞いたという別の2人は語る。

アーノルドは、ゲイツはエプスタインと社交的な交際を持ったり、エプスタインとパーティーに出席したりすることはなかったと言い、2人の打ち合わせに若く美しい女性が同席したこともなかったとして否定した。「ビルがエプスタインと会ったのは、慈善活動に関する打ち合わせの際だけだ」とアーノルドと述べている。

(執筆:Emily Flitter記者、Matthew Goldstein記者)

(C)2021 The New York Times News Services 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT