やたら敵作る「徳川慶喜」期待を何度も裏切る真意

開国派なのに暴言吐いて攘夷望む朝廷側で奮闘

ただ、そうかといって、慶喜のこの大胆な行動が、幕府内部で支持されたわけではない。もともと、参与会議に加わった時点で、幕府内での慶喜の求心力は低下している。慶喜はいつも周りを敵ばかりにする。それでも、しばらくすれば皆が寄ってくる。それもわかっていたのだろう。

慶喜が目指したのは、あくまでも自分が中心となった、これまでにない枠組みだ。そういう意味では、慶永に「創業」と語った言葉には、うそがなかった。

慶喜は、前から辞表を出していた後見職を正式に辞任。元治元(1864)年3月に禁裏御守衛総督に就任する。これは朝廷を守る役割であり、大胆な転身を図ったといえよう。

立場が変わっても目指すものは同じ

目まぐるしく変わる慶喜の立場。それでも目指すのはいつも同じで、自分が中心となった「創業」である。

同年7月に長州藩がかつての勢いを取り戻すべく、京に出兵してくると、薩摩藩の強兵がこれを撃退(禁門の変)。負けじと慶喜も禁裏御守衛総督として活躍して、存在感を発揮している。

そう、慶喜からすれば、参与会議での大暴れは、薩摩藩との第1ラウンドにすぎない。ここから正念場だ。御所で戦闘をした長州に対して、孝明天皇が激怒。長州が「朝敵」となると、ついに長州を征伐するべく、慶喜は動き出そうとする。

これで長州を制圧できれば、その後も、徳川家が変わらず政権を掌握しながら、日本の政治は慶喜を中心に回り始めたことだろう。すでにそのきざしはあった。

だが、慶喜の前に、強大な壁が立ちはだかる。それは、薩長同盟である。

第5回につづく)

【参考文献】
徳川慶喜『昔夢会筆記―徳川慶喜公回想談』(東洋文庫)
渋沢栄一『徳川慶喜公伝全4巻』(東洋文庫)
家近良樹『徳川慶喜』(吉川弘文館)
家近良樹『幕末維新の個性①徳川慶喜』(吉川弘文館)
松浦玲『徳川慶喜将軍家の明治維新増補版』(中公新書)
野口武彦『慶喜のカリスマ』(講談社)

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT