徳川家の末裔「95歳」で作家になった女の一生

「徳川おてんば姫」の息子が語る母の姿

大政奉還図の前で。左から、私(井手久美子さん)、姉・喜佐子、兄・慶光、邨田丹陵先生(写真:井手純)

そろそろ平成も終わり、新しい元号になる。

「昭和時代」という言い方にも慣れてきた。

おてんばなお姫様がつづった自伝

そんな2018年の6月、1人の作家がデビューした。井手久美子さんだ。

井手久美子さんのお歳はなんと95歳。大正11(1922)年生まれだ。推理小説作家の松本清張は40代にデビュー、『マディソン郡の橋』のロバート・ジェームズ・ウォラーは50代デビューと遅咲きの作家はいるが、さすがに90代でデビューされる作家はほとんどいないだろう。

著書は『徳川おてんば姫』(東京キララ社)である。久美子さんは、江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の孫であり、自身の波乱万丈な人生をつづった自伝だ。

徳川慶喜と言えば、大河ドラマ「西郷どん」にも登場する、幕末の重要人物の一人だ。歴史上の人物の孫がまだご存命だというのに驚く人は多かった。

2018年6月6日 千葉の自宅にて完成した本を手に(写真:井手純)

発売後の反響は大きく、あっという間に売り切れて重版がかかった。本の表紙に使われた若き日の久美子さんの写真は、とてもかわいらしく若い人の間で、たとえばウェブ上で話題になった。

久美子さんのお孫さんはツイッター上で祖母の写真を発見して、とても驚いたという。

僕も本の存在を知り、ぜひ本人にお話を伺いたいと思った。

しかし残念ながら、久美子さんは本が発売された直後に体調を崩され、今年の7月に亡くなられてしまった。

とても残念であったが、それでも縁者に話を伺いたいと思い、長く一緒に暮らしたご子息である井手純さんの元を訪れた。

次ページ徳川の末裔なのに団地住まい!?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。