やたら敵作る「徳川慶喜」期待を何度も裏切る真意

開国派なのに暴言吐いて攘夷望む朝廷側で奮闘

というのも、政事総裁職を務めた松平慶永(春嶽)が帰ってしまったので、京に残された家茂と慶喜は、尊王攘夷派のサンドバッグ状態である。好き放題言われながら、慶喜と家茂は京から出られず、人質のようになってしまった。

実際に、将軍が江戸に帰るのを朝廷から何度も止められている。行列が出発してから、御所に呼びつけられることすらあった。なるべく長く京にとどめて、将軍の失墜を世に知らしめようとしたのだろう。

ところが、攘夷の期限について、慶喜が「将軍が江戸に帰ってから20日後」としたために、帰してもらえなければ、攘夷はできないという理屈になる。その点では、攘夷の期日を延ばすことに成功したといえよう。

朝廷からすれば、攘夷が実行されなければ困る。そのため、4月21日には家茂が、22日には慶喜が江戸に無事に帰還できた。人を食った慶喜らしい切り抜け方である。もちろん、攘夷などやるつもりは毛頭なく、約束の5月10日に攘夷を決行したのは、下関の海峡を通る外国船を砲撃した長州藩だけだった。

ようやく戻ったら老中たちから批判

江戸に戻った慶喜を待っていたのは、自分ばかりを批判する老中たちである。慶喜が京都でどれほどの目に遭ったのかは知ろうともしない。我慢の限界とばかりに、慶喜が将軍後見職の辞職願を出すのも無理からぬことだろう。

だが、文久3(1863)年11月26日、慶喜は再び上洛を果たす。横浜鎖港問題の対応を決めるためである。この問題については後述するが、これから国をどうしていくのか。そのことを議論するには結局、慶喜の存在が必要不可欠なのである。

「やれやれ」という慶喜のうんざり顔が思い浮かぶようだが、まんざらでもなかったかもしれない。いつだって、慶喜はやる気がないわけではない。ただ、利用されることに慎重で、あくまでも自分のやりたいようにできる体制を目指したのである。お飾りになることだけは、耐えられなかったのだ。

次ページ京では有力藩の代表者と話し合い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT