ホンダ、最先端の自動運転車に2つのハードル

限定100台、1100万円の車両に託された重責

最先端機能に対する十分な理解に加えて、コスト低減も大きな壁だ。レジェンドの価格はメンテナンス料なども合わせて税込み1100万円と、高級車のイメージが強い輸入車の乗用車の価格をも上回る(3年間で1100万円を分割で支払い、リース期間が終ればホンダに車を返却する)。

ここまで高価になったのは、最先端の自動運転を実現するため、道路環境など周囲の情報を収集するLiDAR(ライダー)やミリ波レーダー、カメラなどの高性能なセンサー類を複数搭載していることが大きな要因だ。杉本氏は「エアバッグや衝突被害軽減ブレーキも車両への標準搭載や普及には時間がかかった。すぐに普及させることは難しいが、今回の開発で得た知見や技術を生かしコスト低減につなげていきたい」と話す。

高性能部品の価格を下げるにはスケールメリットを出すのが王道だが、現時点でどのモデルにレベル3の自動運転機能を搭載するかは未定という。100台の販売を経て、今後、どれだけ搭載車種を増やせるかが課題になる。

レベル3を搭載したレジェンドは限定100台がリースで販売される(記者撮影)

「レベル3の自動運転がどう受け入れられるのか。決めるのはわれわれではなく、社会であり、お客様だ」。自動運転車の普及する可能性について杉本氏はそう強調する。

自動運転技術の開発は国内外で活発化しているが、運転の主体がシステムに移るレベル3の市場投入はホンダが初めてだ。各社ともユーザーのニーズを見極めてどの車種に展開するかについては手探りの状態が続いている。このほかにも法整備や保険のあり方など、国際的な議論を必要とするテーマも多い。

先陣を切って自動運転社会の新たな一歩を踏み出したホンダ。先進技術の普及とコストという2つのハードルを越えていくには、ホンダに続くほかのメーカーの動きも重要になる。

関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT