所沢やTX沿線、「住みたい街」上位の陰で大躍進

コロナも影響?2016~2021年でどう変わったか

2021年の住みたい街ランキングでは、テレワークをしている人を対象としたランキングも発表している。「リモートワーク・テレワークの実施率50%以上」を見ると、1位は横浜で、以下、2位恵比寿、3位品川、4位吉祥寺、5位目黒、6位池袋・中目黒、8位渋谷、9位浦和、10大宮となっている。その顔ぶれは全体の結果とあまり違いはない。

リクルートによれば、「テレワークをしている人では、品川、中目黒、代々木上原、青山一丁目、三軒茶屋等の順位が総合順位より高く、都心が人気」「テレワークの実施率が労働時間の半分以上を占める人でも同様の傾向がみられ、品川、池袋、中目黒、渋谷、表参道、自由が丘、代々木上原等が総合順位より高い」という。

コロナ禍であってもなぜ都心が人気なのか。その理由として考えられるのは、都心の利便性だ。

仕事が終わった後に最寄り駅や乗り換え駅で買い物などの用事を済ませるという人は少なくないだろう。勤務の合間に病院に行く人もいるかもしれない。在宅で勤務する場合は、こうしたことがすべて自宅の近くで行われることになる。

そういった点を考慮すると、商業施設、飲食店、病院といった生活インフラがより充実している都心やターミナル駅のほうが在宅勤務しやすいという考え方は成り立つ。

じわじわ広がる郊外人気

では、郊外は人気がないのかというと、決してそういうことはない。長期で比較を行えば、郊外人気が顕著に見えてくる。

5年前、つまり2016年の住みたい街ランキングと比較してみよう。2016年の住みたい街ランキングの1位は恵比寿。以下、2位吉祥寺、3位横浜、4位武蔵小杉、自由が丘、6位目黒、7位池袋、8位新宿、9位東京、10位二子玉川という順になっている。

このように上位だけ見ると、その顔ぶれは例年とあまり変わらない。そこで、2016年と2021年を比較して順位を大きく上げた駅を調べてみた。

1位は舞浜。2016年の73位から2021年は19位へと54位も順位を上げた。舞浜は東京ディズニーランドの最寄り駅。同じ浦安市内にある駅でも、浦安駅のほうが周辺の商業施設や飲食店が充実しているように思えるが、ディズニーランドに近いという魅力がそれを上回ったようだ。舞浜は東京駅まで京葉線で10数分という利便性も注目される。

次ページ5年間で50位上昇した所沢
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT