インド感染爆発、主犯は「変異株」という誤解

低いワクチン接種率と対策の緩みが招いた惨事

しかし、インドのデータはあまりにも不十分で、全国レベルでどの変異株がどれくらいの割合で流行しているかを割り出すことはできない。新規感染者数が膨大に発生しているにもかかわらず、変異株を監視するゲノム解析がほとんど行われていないためだ。

インド当局は、ワクチン接種を完了した人のうち、どれだけの人数が発病したかを追跡しようとしている。「ブレークスルー感染率」と呼ばれる指標だ。これはインドの変異株の毒性の強さを判断する手がかりとなるかもしれない。当局はアストラゼネカ製ワクチンを2回接種した可能性の高い最前線の医療従事者を重点的に調べている。

インド医学研究評議会(ICMR)の4月21日までのデータはブレークスルー感染率が極めて低いことを示している。とはいえ、その値はアメリカより高くなっているもようだ。データによると、ワクチン接種を完了した人の発症率はインドが0.02~0.04%なのに対し、アメリカは0.008%。ただ、アメリカは使っているワクチンが違うので、単純比較はできない。

世界の動きを甘く見たインド

データの広範な不足が、変異株の科学的な追跡とインドの危機的な感染に対する変異株の影響の解明を難しくしている。変異が急速に進んでいることも状況を複雑にしている。変異株がどれくらいの速度で広がり、ワクチンがどれくらい効くのかといったことは、すぐには明らかにならないためだ。

インドの医療体制は、変異株が世界で広がり始めていたときですら、国内的な影響に対し警戒姿勢をとらなかった、とインド南部タミルナドゥ州の有力ウイルス学者、テッカーラ・ジェイコブ・ジョン氏は指摘する。

同氏が言う。「私たちは変異株にまったく目配りできていなかった。私たちは舟に乗り遅れたのだ」。

(執筆:Jeffrey Gettleman記者、Shalini Venugopal記者、Apoorva Mandavilli記者)
(C)2021 The New York Times News Services

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT