インド感染爆発、主犯は「変異株」という誤解

低いワクチン接種率と対策の緩みが招いた惨事

これに対し国外の研究者は、これまでの限られたデータを見る限り、もっと一般的な変異株「B.1.1.7」(いわゆるイギリス型)のほうが大きな役割を果たしている可能性があると指摘する。B.1.1.7は昨年終盤にイギリスで大感染を引き起こし、ヨーロッパの大部分を襲った。アメリカの新規感染も、今ではこの変異株が主流だ。

「B.1.617が感染拡大につながっているのはおそらく間違いない。ただ、感染の急増にどの程度寄与しているのか、その寄与度が現在流行している他の変異株、特にB.1.1.7と比べてどうなのかははっきりしない」とスクリプス研究所(カリフォルニア州サンディエゴ)のウイルス学者、クリスチャン・アンダーセン氏は話す。

ワクチン接種の遅れと政府の過失

科学者は、変異株のほかに、もっと明白な別の要因が深刻な第2波に拍車をかけている可能性があると考えている。

例えば、インドのワクチン接種は国民の表面をなぞったにすぎず、接種を終えた人の割合は2%にも満たない。専門家たちは、昨年の第1波後に進んだ対策の緩みに加え、ナレンドラ・モディ首相の過失も批判している。同首相は少し前に大規模な政治集会を開催したが、これにより感染が拡大し、「最悪期は脱した」という誤ったメッセージが国民に広まった可能性がある。

イギリスのウェルカム・サンガー研究所でCOVID-19遺伝子プロジェクトの責任者を務めているジェフリー・バレット氏が言う。「B.1.617が原因だという結論に飛びつく例が多くみられるが、別の要素のほうが原因としては重要だろう」。

暫定データはワクチンがB.1.617にも効くことを示唆している。ただ、有効性は多少下がった。インドはアストラゼネカがオックスフォード大学と共同開発したワクチンに大きく依存しているが、このワクチンはファイザー/ビオンテックおよびモデルナのワクチンより効き目が弱いため、変異株を防ぐ効果も相対的に低いのかもしれない。

「ワクチンは今のところ有効だが、効き目は下がる傾向にある」とニューヨークのベルヴュー病院の感染症専門医で伝染病学者のセリーヌ・ガウンダー氏は話す。

次ページワクチン接種しても発症するケースも
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT