茨城の老舗カフェがコロナに全然負けてない訳

サザコーヒーは次々にイベントを仕掛ける

茨城県ひたちなか市にある「サザコーヒー本店」。焙煎工場やギャラリーも併設する(筆者撮影)

すでに多くのメディアで報道されているように、コロナ禍で外食産業は大打撃を受けた。喫茶業界では最強といわれる「スターバックス」も例外ではない。

店舗の休業や営業時間短縮の影響もあり、2020年度のスターバックス コーヒー ジャパンの業績は最終赤字に転落した。1996年に日本1号店を開業以来、業績を拡大してきた同社にとって、2002年度(同年も赤字決算)以来の厳しい年となった。2020年も各地で積極的に店舗を開業した底力はあるが、単年度の業績は影響を受けたのだ。

ところで、国内で1600店以上を展開するスタバに対して、店舗数で1%にも満たない個人チェーン店がある。「サザコーヒー」(本店は茨城県ひたちなか市。店舗数は15店)だ。

創業は1969年。開業して半世紀を超えた老舗喫茶店で、同社もコロナ禍で大きな影響を受けた。それでも「2020年の業績は黒字を確保した」という。

首都圏で展開する店や商業施設内の店が、休業や営業時間短縮を行いながら、なぜ黒字化できたのか。今回は中小企業のモノづくりとコトづくりの視点で考察したい。

茨城の食文化も紹介していく

4月16日の金曜日。サザコーヒー本店を訪れると、店の駐車場に「那珂川 天然鮎」を掲げた移動車が停まっていた。毎週第1金曜日と第3金曜日に行う「鮎まつり」だ。これまで筑波大学キャンパス内の店でも販売し、一般客以外に大学関係者も立ち寄ってきた。

「茨城県と栃木県にまたがる那珂川は『天然鮎がのぼる川』として知られ、鮎の漁獲高でも長年日本一です。でも釣り人以外の一般の人にはなじみが薄い。カフェ×鮎は異色でしょうが、茨城のコーヒー屋として、地元の食文化も紹介していきたいのです」

2代目の鈴木太郎社長はこう語る。一般社団法人・日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)の理事兼コーヒーブリュワーズ委員会の委員長も務め、世界各国のコーヒーに精通する鈴木氏は、後述するが、さまざまな仕掛けでも知られる。

次ページ一般の知名度は低いが農作物も高品質
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT