茨城の老舗カフェがコロナに全然負けてない訳

サザコーヒーは次々にイベントを仕掛ける

茨城県ひたちなか市にある「サザコーヒー本店」。焙煎工場やギャラリーも併設する(筆者撮影)

すでに多くのメディアで報道されているように、コロナ禍で外食産業は大打撃を受けた。喫茶業界では最強といわれる「スターバックス」も例外ではない。

店舗の休業や営業時間短縮の影響もあり、2020年度のスターバックス コーヒー ジャパンの業績は最終赤字に転落した。1996年に日本1号店を開業以来、業績を拡大してきた同社にとって、2002年度(同年も赤字決算)以来の厳しい年となった。2020年も各地で積極的に店舗を開業した底力はあるが、単年度の業績は影響を受けたのだ。

ところで、国内で1600店以上を展開するスタバに対して、店舗数で1%にも満たない個人チェーン店がある。「サザコーヒー」(本店は茨城県ひたちなか市。店舗数は15店)だ。

創業は1969年。開業して半世紀を超えた老舗喫茶店で、同社もコロナ禍で大きな影響を受けた。それでも「2020年の業績は黒字を確保した」という。

首都圏で展開する店や商業施設内の店が、休業や営業時間短縮を行いながら、なぜ黒字化できたのか。今回は中小企業のモノづくりとコトづくりの視点で考察したい。

茨城の食文化も紹介していく

4月16日の金曜日。サザコーヒー本店を訪れると、店の駐車場に「那珂川 天然鮎」を掲げた移動車が停まっていた。毎週第1金曜日と第3金曜日に行う「鮎まつり」だ。これまで筑波大学キャンパス内の店でも販売し、一般客以外に大学関係者も立ち寄ってきた。

「茨城県と栃木県にまたがる那珂川は『天然鮎がのぼる川』として知られ、鮎の漁獲高でも長年日本一です。でも釣り人以外の一般の人にはなじみが薄い。カフェ×鮎は異色でしょうが、茨城のコーヒー屋として、地元の食文化も紹介していきたいのです」

2代目の鈴木太郎社長はこう語る。一般社団法人・日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)の理事兼コーヒーブリュワーズ委員会の委員長も務め、世界各国のコーヒーに精通する鈴木氏は、後述するが、さまざまな仕掛けでも知られる。

次ページ一般の知名度は低いが農作物も高品質
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT