Netflixで水原希子「体当たり演技」話題のワケ

ゲス極ドラマーさとうほなみと恋人役の「彼女」

レズビアン役の水原希子(写真左)と、相手役の「ゲスの極み乙女。」のドラマーさとうほなみによるワケあり逃避行のロードムービーを官能的に仕上げたNetflix日本オリジナル『彼女』(写真:Netflix)
この記事の画像を見る(3枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

一糸まとわず大胆に体を張った水原希子

女2人が真赤なBMWに乗って逃避行するロードムービーがNetflix日本オリジナル作品として4月15日に公開されると、センセーショナルな描写に賛否両論が集まっています。その映画のタイトルは『彼女』(英題『Ride or Die』)。モデルで女優の水原希子が主演のレズビアン役、「ゲスの極み乙女。」のドラム担当で女優のさとうほなみがその相手役です。ストーリーラインから性描写に至るまで、意見を二分しながらなぜ注目されているのでしょうか。その理由を探りました。

この連載の一覧はこちら

映画『彼女』は映画界の巨匠リドリー・スコット監督の不朽の名作『テルマ&ルイーズ』で描かれたような女同士の絆の強さが根底に流れています。守るための究極の選択から人を殺めて逃避行に至る設定も『テルマ&ルイーズ』そのものです。そんな本質がありながら、『彼女』では水原希子演じるレイとさとうほなみ演じる七恵の2人の間で官能的な愛憎劇が繰り広げられます。

印象的なのが一糸まとわず大胆に身体を張った水原希子の冒頭殺害シーン。罪を犯すほど、レイ(水原希子)が七恵(さとうほなみ)に深い思いを寄せていることを示す場面になります。この水原の気合に応じるかのように、さとうも惜しげもなく全身をあらわにします。それは七恵が夫から殴られたアザだらけの姿をレイに見せるシーンで、ここから2人の愛の駆け引きが始まっていきます。

ある意味、ここでラストに向けた伏線のすべてを出し切ってしまっています。センセーショナルな作品であることのイメージだけが先行しているように見えてしまい、そのことでツッコミどころを生み出してしまっているのです。

次ページ深みが増した理由
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT