「ウッズ」のドキュメンタリーはなぜ訳ありか

U-NEXT「HBO独占見放題の目玉作品」という扱い

HBOスポーツ・ドキュメンタリー「タイガー・ウッズ/光と影」が日本に上陸した。U-NEXTにて見放題で独占配信中。 © 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc.
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

ウッズの代理人が「無許可」と猛抗議

物議を醸したスポーツ・ドキュメンタリー『タイガー・ウッズ/光と影(英題Tiger)』が日本にようやく上陸しました。主役は世界的に最も有名なプロゴルファー、タイガー・ウッズです。記録映像がふんだんに使われていますが、撮りおろし映像に本人は一切登場しません。その代わりに、元恋人から不倫相手、元キャディー、かつての友人らが続々と登場。彼ら彼女らの証言をもとに、2部構成でタイガー・ウッズの栄光と挫折に迫ります。

何やら訳アリの雰囲気が漂う『タイガー・ウッズ』が1月に北米で公開されると、ワーナー・メディア傘下で製作・配給元のHBOが過去3年間に送り出したスポーツ・ドキュメンタリーの中で最も視聴された作品に躍り出ました。日本では数カ月遅れの4月1日に配信開始されたところ。U-NEXTにてHBO/HBO Maxオリジナル独占見放題の目玉作品として扱われています。

この連載の一覧はこちら

物議を醸した最も大きな理由は、ウッズサイドから「HBOのドキュメンタリーは無許可で史上最高のアスリートの不完全な肖像画を描くものにすぎない」といった声明が発表されたことにあります。

ウッズのエージェントを務めるマーク・スタインバーグが本作に対して非難の声を上げているのです。ウッズが作品参加を拒否したことも明かしています。そもそも本作の原作本『Tiger Woods』(ジェフ・ベネディクトとアーメン・ケティヤンの共著)もいわく付き。ウッズのエージェントに同じく猛抗議されながら、NYタイムズ誌ベストセラー1位を獲得しています。

次ページ不倫相手が証言する「スキャンダル」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • CSR企業総覧
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT