「ウッズ」のドキュメンタリーはなぜ訳ありか

U-NEXT「HBO独占見放題の目玉作品」という扱い

そして、インタビューに協力した証言者たちの言葉で畳み掛けていきます。ウッズの友人と名乗る何人かの証言は誇張しているようにもみえますが、少なくともウッズを取材してきた一部のジャーナリストたちの証言は真実を捉えているように感じました。

「言葉の裏にうっすらと人種差別を感じた」

なかでも、印象的だった証言がありました。人種差別がこの作品のテーマのひとつであることがわかる発言でもありました。それは不倫報道が過熱し、2010年のマスターズトーナメント大会前にオーガスタ・ナショナル会長ビリー・ペインの発言に対して、LAタイムズ紙ライター、トーマス・ボンクが語った言葉でした。

ペイン会長は記者会見で「彼(ウッズ)は私たち全員だけでなく子どもや孫たちまで失望させた。私たちのヒーローは子どものお手本には程遠い人物だった。今後は変わるための努力でも評価されるだろう」と発言し、その場にいたライターのボンクはこう感じたそうです。

「あの会見で忘れられないのは言葉の裏にうっすらと人種差別を感じたことだ。大会は懲罰の場ではない。相手が黒人ならば特にだ。あれがフレッド・カプルスなら? ニック・ファルドだったら? あれでは公開むち打ち刑だ」

アマチュア時代のタイガー・ウッズと母親のクルティダ(写真左)。 © 2021 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO® and all related programs are the property of Home Box Office, Inc. 「タイガー・ウッズ / 光と影」U-NEXTにて見放題で独占配信中

光と影を持つのはウッズだけではないと言わんばかりに、メディアやゴルフ界、世間にある影を捉えた映像と証言はまだまだ続きます。時にゴシップに夢中になる我が身を振り返って、分が悪くもなりますが、正義を振りかざすわけでもなく、見る側に考える余地を与えるような作り方です。

スポーツ・ドキュメンタリーは今、豊作のときでもあります。バスケットボールの神様、マイケル・ジョーダンも出演するNetflixオリジナルの『マイケル・ジョーダン:ラストダンス』もそのひとつ。Disney+からサッカー界の貴公子、デビッド・ベッカムが全面協力する新作『Save Our Squad』の配信が控えていることも発表されたところです。話題作として見始めると、『タイガー・ウッズ』はその重たさに面食らうかもしれませんが、ラストにはすべて清算されたかのような映像が待っています。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT