西野七瀬と千葉雄大「リアルな夫婦」演じるワケ

日中共同プロジェクトで作る「ホットママ」

乃木坂46でグループ最多の7回もセンターを務め、現在は女優業に専念する西野七瀬が働くママを演じている(写真:Amazonプライム・ビデオ)
この記事の画像を見る(4枚)
Netflix、Amazon プライム・ビデオ、Huluなど、気づけば世の中にあふれているネット動画配信サービス。時流に乗って利用してみたいけれど、「何を見たらいいかわからない」「配信のオリジナル番組は本当に面白いの?」という読者も多いのではないでしょうか。本記事ではそんな迷える読者のために、テレビ業界に詳しい長谷川朋子氏が「今見るべきネット動画」とその魅力を解説します。

親の「あるべき論」を持たない主人公を描いた

仕事と子育ての“現実”を見せるドラマはそれほど多くはありません。もしあったとしても、社会問題として切り込んだ重めのテーマになってしまうか、雲の上のような存在の主人公がいとも簡単に解決してしまうものか。そんな両極端な作品しかないだろうと、期待をせずに見始めた人ほどハマるドラマがAmazonプライム・ビデオで配信中の『ホットママ』です。子育て世代の本音を知ることができます。一方で、なぜこれまで現代の親の生き方を描くドラマがあるようでなかったのかと疑問に思います。

この連載の一覧はこちら

ドラマ『ホットママ』の主人公は仕事も恋も子育てもオシャレも合理的に両立させる女性です。一見すると、キラキラとした非現実的なキャラクター像ではありますが、親になることに対して“あるべき論”を持たない姿に爽快さを覚える役柄です。「妊娠したら、母親としての自覚を持つべき」「子どもが3歳になるまで母親は家にいたほうがいい」といった固定観念にとらわれた世間の言葉に縛られず、自分の答えを探っていくのです。

妻を最大限に支え、自然体でイクメンを楽しむ役を千葉雄大が好演(写真:Amazonプライム・ビデオ)

この「夏希」役を演じたのが元乃木坂46の女優・西野七瀬。思いもよらなかった妊娠から母親になることを覚悟し、パートナーと信頼関係を築きながらわが道を突き進むという、目まぐるしく変わる成長の過程を見事に演じきっています。そして、パートナー役の「元哉」は俳優・千葉雄大。重要な役どころを好演しています。

若い女性にターゲットを絞ったAmazonプライム・ビデオのオリジナルドラマから「久しぶりに力作が配信されている」というのが筆者の正直な感想です。情報誌『東京カレンダー』の人気連載コラムを水川あさみ主演で実写ドラマ化したヒット作『東京女子図鑑』を彷彿とさせ、赤裸々に現代の女性像を描いた作品であることがそう感じた理由にあります。

次ページ『東京女子図鑑』がアジアでも話題に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT