野球でバッターが本気で嫌がる「変化球」の特徴

「キレがある球」「スピンの利いた球」って何?

また、変化球の分析でさらに難しいのは回転軸です。図3-1のように、ボールの回転は「投手側から見た視点」と「上から見た視点」が重要です。この組み合わせによって「変化が異なる」ことがわかってきました。

図3-1 3 種類のスピン(投手視点)

まず、投手側から見た視点です。投手側から見える回転は打者にも見えます。打者は向かってくるボールを見ることで、どのように回転しているかがわかります。

代表的な回転はバック・スピンとトップ・スピンです。バック・スピンがかかったボールは、「上に上がる」ように見える「伸びがある」ボールです。実際には重力のほうが勝っているので、「上に上がるように見える」だけですが、前述のように、無回転のボールよりは上に上がります。

バック・スピンがかかったボールは、投手から見て水平(真横)に回転軸があります。投手が指ではじくようにリリースすると、投手から見て図3-1の中の①のbのような回転がかかります。トップ・スピンは、バック・スピンの逆です。

投手から見て垂直(まっすぐ)に回転軸があるのがサイド・スピンです②。サイド・スピンがかかったボールは、打者から見て横に曲がります。右投手のスライダーは②のaの回転をするということを理解できるでしょうか?

ここまではそう難しくないのですが、投手の投球を立体的な視点で見ると、「上から見たときの回転軸」というのも大切です。これがジャイロ・スピン、ジャイロ・スピン成分と言われるものです。

球質を評価する「回転効率(Spin efficiency)とは?

ここまで、球質を見るときは、投手から見たときのボールの回転軸が重要であることを述べました。しかし、球質を評価するとき、立体的に見ると、もう1つの視点があることに気がつきます。それは、投球されたボールを上から見たときの軸の傾きです。球質の評価には、この軸の傾きも考慮しなくてはなりません。

図3-2にあるように、投球されたボールを上から見たとき、進行(投球)方向に軸が傾くことをジャイロ・スピン成分と呼びます。ジャイロ・スピン成分が進行方向に向けば向くほど、「ジャイロ・スピン成分が大きい」「ジャイロ・スピン成分が強い」といった言い方をします。進行方向に軸が傾いてジャイロ・スピン成分が強くなると、基本的には曲がりにくくなります。

図3-2 ジャイロ・スピンとは
次ページ変化球は種類も多く判断が難しい
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
「ストレスに強い人」「弱い人」の決定的な違い
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT