菅首相、初の日米首脳会談に懸ける政権の命運

「ジョー・ヨシ」会談で五輪開催への協力要請も

加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、「(首相訪米で)日本の外交、安全保障の基軸である日米同盟を一層強化するとともに、強固な日米関係を広く世界に発信していきたい」と述べた。菅首相は首脳会談で「ジョー・ヨシ」と呼び合い、個人的信頼関係の構築も目指す。

中国の強引な海洋進出に歯止めをかけるための「自由で開かれたインド太平洋」構想実現も重要課題だが、米中関係緊迫化の中での日本の立ち位置は極めて微妙だ。さらに、コロナ収束へのカギとなるワクチン確保でも、大統領の協力を取り付けられるかどうかは不透明で、菅首相の外交手腕が厳しく問われることになる。

止まらぬ各地での感染拡大

政権運営での苦闘が続く菅首相にとっては、「待望の日米首脳会談」(側近)だが、日本でのコロナ禍拡大が影を投げかけている。東京都などに蔓延防止を決定した9日夜、菅首相は「集中的な対策を講じることで緊急事態宣言に至らないよう、感染防止に努めていく」と強調した。

しかし、感染拡大傾向は止まらず、大阪府は13日に新規感染者数が初の1000人台となり、吉村知事は「感染拡大が抑えられていない場合は、国に緊急事態宣言を要請し、より強い措置をお願いすることになる」と危機感を募らせる。

まん延防止の対象外の地域でも、愛知県や埼玉県などが適用要請を検討している。西村康稔経済再生担当相も13日の国会答弁などで「感染者増加のスピードが速いので、悪化地域の知事と連携して、まん延防止の適用も検討する」と語った。

そうした中、政府が注視しているのが首都・東京の感染拡大だ。大阪の危機的状況ばかりが目立つが、東京でも新規感染者数の7日間平均が500人を超えた。変異株の東京での広がりも顕著で、東京都の小池百合子知事は13日、「このままの状況が続けば、(新規感染者数が)次の桁(けた)になるのも近い」と、週内にも1000人台となる可能性を認めた。

次ページコロナ対応は「都民の自衛」で
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT