脳神経学者が直伝「何時間でも集中が続く」方法

漫画はなぜ徹夜で読める?実は時間に限界なし

例えば、「徹夜での勉強は効率が悪い」と言われますが、実際に徹夜での一夜漬けの結果、翌日の試験で最高のパフォーマンスを発揮した経験はないでしょうか。

あるいは、商品の納期やプロジェクトの締め切りに向け、チームメンバーとともに一心不乱で仕事に打ち込み、何時間も没頭した末、すばらしい成果を上げたことはありませんか。人の命を預かるドクターは、ときに10時間を超える手術に挑みます。もちろん小休止はあるにしても、何時間も高い集中状態を維持し続けるわけです。

大人買いした漫画をワクワクしながら全巻読破し、気づいたら空が白んでいた日曜日の朝。ひたすらボールを追ううちにグラウンドが真っ暗になっていた部活時代のある日。そこで発揮された集中力は、一般的に言われている集中の法則とはかけ離れたものだったはずです。90分どころか、3時間、4時間と集中状態が持続し、想像以上の成果に結びついたでしょう。

もし、あなたがそんなふうに例外的な集中体験を持っているなら、自分で経験し、発揮した集中力とそのポテンシャルを信じてください。私はかつて、毎日2時間の睡眠時間でUCLAの神経科学の授業に食らいついていきました。根性論で「だからできる」と言いたいわけではありません。集中力の繊細な一面を理解したうえで、適切な条件を整えてあげれば、あなたはすばらしい集中状態を作り出すことができるようになるのです。

「凜とした脳」の状態をつくることが重要

では、適切な条件とはどのようなものでしょうか。それは「心理的安全性」が保たれている状態です。心理的安全性が保たれている状態とは、あなたが不安や恐れを感じることなく、あるいは不安や恐れを感じたとしても支配されることなく、脳が安心して思考し、あなたが発言や行動できる環境にいることです。

1人で思索にふける時間も当てはまりますし、誰かと議論をし、反論や疑問を投げかけるような場面、自分の弱みをさらけ出しても、信頼が揺らがないと感じられる人間関係・コミュニティがある状態も当てはまります。心理的安全性は、集中状態の質や持続に大きな影響を与えるのです。

抽象的な表現になりますが、私は集中力を極限まで高めていくには「凜とした脳の状態」が重要だと考えています。凛とした脳の状態とは、自制心が働き、落ち着いた心のことです。

集中力を持続させたい、途切れた集中状態を取り戻したいと願うとき、そのベースとなるのは凜とした脳の状態です。自制心が働き、落ち着いた心を作ることが集中力を発揮するための土台となります。

次ページ凛とした状態を作り出すのに欠かせない条件
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT