脳神経学者が直伝「何時間でも集中が続く」方法

漫画はなぜ徹夜で読める?実は時間に限界なし

サウナ室に入るときは、サウナでスッキリ汗とともにストレスを洗い流すイメージを持ち、漫画は心がウキウキしたり、腹から笑えたりする作品を読みます。笑うことは、脳内にβエンドルフィンという神経伝達物質を生み出し、実際に心を穏やかにしてくれます。「笑う門には凛とした心」というわけです。

あなたもぜひ、自分を健やかな気持ちにしてくれる、あなたなりの方法を探していきましょう。

楽しみに身を委ねるときは、楽しみ以外のものを頭から追い出すこと。心から信頼できる人と会うときは、その人にだけ注意を向けることがポイントです。そうして、あなたを癒やしてくれる人や物、場所の大切さを改めて認識することで「自分には不安や恐れ、ストレスを解消する方法がある」という強い記憶が残ります。すると、心理的危険性を感じる状態に陥っても、記憶を頼りに心理的安全性を作ることができるのです。

心理的安全性の手助けとなる記憶をストックする

重要なのは、日頃から心理的安全性の手助けとなる記憶を脳にストックしておくこと。その準備があれば、急に不安や恐れ、ストレスがのしかかってきたときも、うまく対処し、凜とした脳の状態をキープすることができます。言わば、心理的危険性という闇を手懐け、心理的安全性という光に意識を向けていくようなイメージです。

『4 Focus 脳が冴えわたる4つの集中』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

物事がうまく運ぶ人は、成功の予感に光を当て、うまくいかない人は挫折の予感に注意を向けてしまいます。ネガティブな出来事を見て見ぬ振りをするのではなく、それに気づき、向き合ったうえで、うまくいく可能性に目を向けましょう。

脳がネガティブな方向に注意を向けがちになるのは前述のとおりですが、そのままでいると新しいことに挑むのを回避しがちになります。光に意識を向ける習慣をつけることが、凜とした集中状態を作っていくコツです。

逆に、闇を手懐けるテクニックなしに日々を過ごしていると、VUCA(事前に予測できない状態)の時代には、ますます負のスパイラルが強くなってしまいます。挫折の予感よりも、成功の予感に期待し、闇を手懐け、光に注意を向けていきましょう。それが心理的安全性を作ることになり、凛とした脳の状態を持続させるのです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT