今が旬!今日も「タンポポ」摘んで食べてます

忘れられない「腰を抜かすほど」の未知の世界

もちろんやる価値はあるだろうが、その作業自体が見た目にかなり怪しいので、そこらの道端など人目につくところで所業に及ぶのははばかられた。田舎の友人宅などへ遊びに行ったときに腰を据えて取り掛かる必要があろう。ということで、これはいまだに「夢の味」のままである。

「人生究極の味」ツクシのオリーブオイル炒め

カラスノエンドウも面白い。これはタンポポと違って、おそらくほとんどの人が聞いたことがないであろうマイナーな雑草だが、いったんその姿形を覚えてしまうと、都会の空き地にも案外ポップに生えていることに気づく。

先端の柔らかそうなところを摘んで、塩で湯がいておひたしにして食べるのである。シャキシャキした食感と、案外しっかりとした豆の風味にこれもまた驚いてしまう。

近所の公園の脇に自生しているツワブキを発見!(写真:筆者提供)

なるほど確かに名前をよく見たらエンドウだもんね! そう思ってもう一度その姿を見直すと、確かに茎の先端がくるくる渦巻いて、細くてちっこいが、ジャックと豆の木の絵本に出てくる豆の木と同じ姿である。

ツワブキは、フキの一種。都会でも誰かが育てたものが広がって空き地や道端などに自生しているせいか、フキよりも見つけやすい。春に伸びる柔らかな新芽をとって食べる。

さっそく一部を収穫。新芽なのでアク抜きせず、細かく刻んで厚揚げと炒めて味噌味で食べる(写真:筆者提供)

アクが強いので、ネットなどで調べるとアク抜き方法がこれでもかと書いてあるが、収穫時期や料理法によってはアク抜き不要と私は思う。細かく切って油でよく炒め、味噌を混ぜて「フキ味噌」にするのが私の定番だ。このまま酒のつまみになるし、厚揚げやこんにゃくに塗って焼けば田楽である。トーストに塗ってもおいしいんじゃないかと思う。

春に田舎に行くと、必ず目を皿にして探すのがツクシ。食べ方としては卵とじが一般的に知られているが、わが知人の杜氏が「人生究極の味」と語った食べ方が忘れられないのだ。

なんとツクシのオリーブオイル炒め。その名のとおりそのままオリーブオイルで炒めて塩胡椒をするだけなんだが、これも人生を変える味であった。ただツクシは田舎でも時期を逸するとまったく収穫できないので、5年ほど食べることができないでいる。

と、こんなことをしていると本当に楽しくて仕方がなくせっせと採集にいそしむことになるわけだが、もちろん、その過程でさまざまな失敗もした。また、最も気を付けなければならないのは不用意に野草を食べて毒に当たることである。次回はその失敗談と注意事項、そして貴重な教訓について書きたく思う。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT