商船三井に惨敗の日本郵船、それでも愚直に総合路線

拡大
縮小

リーマンショック直後、「海運市況の悪化で、市況リスクを取りすぎた商船三井の業績急悪化が始まる。これから総合物流路線の正しさが証明される」と心中ひそかに楽しみにした日本郵船の社員は少なくない。しかし、フタを開けてみれば、10年3月期は日本郵船が赤字、商船三井は黒字と明暗が分かれた。社内には静かな動揺が走ったに違いない。

1年前から時価総額でも商船三井が逆転。この4月末には2378億円近くまで差が広がった。少なくとも株式市場は、利益を後回しにしてでも推進してきた総合物流路線の未開花にしびれを切らしている。

■日本郵船の業績予想、会社概要はこちら 

 


■商船三井の業績予想、会社概要はこちら 

 

(山田雄一郎 撮影:風間仁一郎、代 友尋 =週刊東洋経済2010年5月1日号 ※4月27日の決算発表を受けて一部加筆修正)

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT