アサヒが「ビール風味の低アル飲料」に託す使命

オリオンビールも若者向けの市場開拓を狙う

アサヒビールの低アルコール飲料「アサヒ ビアリー」(写真:編集部撮影)

「アルコール度数0.5%のビールなんて、何のために飲むの?」

アサヒビールの梶浦瑞穂・新価値創造推進部部長は、大のビール好きだ。「低アルコールビール」開発の報告を受けたとき、心の内ではこう思ったという。

だが完成品を試飲し、態度を改めた。アルコール度数0.5%ながら、一般のビールと同様の風味を感じたからだ。アサヒビールはこの低アルコール飲料を「アサヒ ビアリー」として3月30日に発売した。

酒税法で「酒類」はアルコール度数1%以上のものすべてを指す。しかし、低アルコールに明確な定義はない。目安としては、ウイスキーなどを含めた酒類全般で、おおよそ度数10%未満のものとされる。そこで、各社がアルコール度数を抑えつつも楽しめるものとして目をつけているのが、3%未満の度数だ。

背景に健康志向と適正飲酒促進の動き

低アルコール飲料への注目は以前から高まっていた。酒類メーカーにおいて、消費者の健康を考慮する動きが加速していたためだ。欧州などでは、健康面からあえてお酒を飲まない「ソバーキュリアス(Sober Curious)」と呼ばれる人たちが増加。国内でも潜在的な顧客として位置付けられている。

コロナ禍では、さらに需要が高まっている。消費者の飲酒習慣は大きく変わり、落ち着いて家で過ごせるようなったのでゆっくり酔いたいという人や、運動不足になりがちな中でアルコールによるカロリー摂取を控えたいという人が増えたからだ。

そこへ政府の動きも加わった。今年3月26日に閣議決定された「アルコール健康障害対策推進基本計画(第2期)」では、商品容器にアルコール度数(%)だけでなく、アルコール量のグラム表示もするよう、酒類メーカーに検討を促している。同計画では健康障害だけでなく、飲酒運転などの社会問題も含めて、対策を図ろうとしている。

次ページ新たな層の開拓も
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT