モンストに沸くミクシィ、次の一手は?

森田新社長が語る、ミクシィの新戦略

山田 モンストに続く第2、第3のヒットを生み出す自信は? そうなって初めて「ミクシィは本当に復活した」と認められる。

森田 そう思っています。僕らは世の中に新しい風を生み出していくことが大事だと思っているんです。当社の過去を振り返ると、転職サイトのFindJob!(ファインドジョブ)があって、そこからミクシィが生まれ、今まさにミクシィがやっている無料フォトブックのnohana(ノハナ)やモンストなど、常に今までにないものを生み出している。

僕自身もミクシィに来て6年になりますが、この常に新しい価値を生み続けることはミクシィのアイデンティティであり、すごく大事なことだなと思っています。

山田 なるほど。そうすると、コアコンピタンスは、ゲームを作るということなどではなく、いかにそういう新しい価値を生み出すかだと。そしてそのための体制ができているかに気をつけるということですか。

合宿で新規事業の中身を徹底議論

森田 そうなんです。だからやっぱり大事なのは人だと思っています。今のご時世、何が当たるかもわからないし、何が流行るかも読みづらい。ただ、絶対当たる分野というのがある。そこにいかに早くキャッチアップして、さらに違和感なくトライできるかが大事だと思うんですよ。

だからこそ究極はやっぱり人ということになる。新しいものを生み出すには、知らないことをずっとやらなきゃいけないし、困難なことが多い。でもそういうことに対してワクワクできる、そこに対して楽しみを見いだせるような人材をどれだけ育てられるかで、中長期的に見ると、会社が成功するかしないかがかかっていると思います。

僕自身、ミクシィに入ってからいろんなことを経験して、いろんなことを学んで、挫折を繰り返しながら、ときには成功も経験した。そういったことですごく成長できた部分がありますから、そこをスタッフみんなでやっていきたいと思っています。

ですから新規事業への取り組みは、制度化して進めている最中です。新規事業の提案者と役員が合宿するなどの取り組みは、もうずっとやっていますね。

山田 その合宿に集まるのは幹部ですか?

森田 新入社員から中堅まで、いろいろです。みんな既存事業だけでも忙しいのに、就業時間外でもとことん話し合うくらい、モチベーションの高いスタッフが多い。しかもすごくいい案がたくさん出てきます。事業化できるような見通しが立った時点で、チームを作ってやっていこうと思っています。

山田 新規事業を育てていくことに関して、ミクシィにはそれなりの知見が蓄積しているということですね。

森田 どうですかね。試行錯誤しながらですけど。ただ、僕にはモンストなどの経験があるので。もちろん立ち上げの苦しい時期はあるでしょうけど、立ち上がってからどんなふうにお金や人を乗せればいいかは、分かる。しっかりロスなく、やっていきたいと思っています。

7月11日に後編を掲載する予定です。

(構成:長山清子、撮影:梅谷秀司)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT