動画アプリTiktokに未公開株取引でついた値段

運営のバイトダンス社は時価総額2500億ドル也

動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」の親会社、北京字節跳動科技(バイトダンス)の未公開株式がセカンダリー市場で2500億ドル(約27兆5000億円)超の企業価値評価で取引されている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

非公開の取引だとして匿名を条件に話した関係者によると、投資家がバイトダンス事業への自信を深め、創業者の張一鳴氏が新規株式公開(IPO)に向けた選択肢を検討する中で、同社の企業価値はこの数週間で大きく上昇した。CBインサイツによれば、バイトダンスは前回の資金調達で1400億ドルとの評価を受けていた。

関係者の1人によると、バイトダンスの株式はわずか1カ月前には約2000億ドルとの評価で売買されていた。同社の担当者にコメントを求めたが、返答はなかった。

バイトダンス創業者の張一鳴氏

原題:ByteDance Is Said Valued at $250 Billion in Private Trades(抜粋)

著者:Lulu Chen、Coco Liu、Zheping Huang

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT