「精神疾患」発症する人の7割が25歳以下の現実

若い世代への教育や啓発が求められている

そして「病気に対する偏見(スティグマ)」も、受診が遅れる大きな理由の1つと言っていいでしょう。精神疾患には根強い偏見があって、精神疾患にかかることは恥だと考えてしまいがちです。患者さん本人も親御さんも病気だと認めたくない。一方、周囲の人も、本人に指摘しづらいというのが実情でしょう。

回復が可能な病気だ

もちろんそれ以外にもさまざまな理由が重なって、若い世代はなかなか受診につながっていません。医療が発達し、国民のだれもが保険証1枚でどこの医者にでも診てもらえる。そんな制度が整った文明国にいながら、大変残念なことだと思います。

――精神疾患には多くの誤解もあります。

「精神疾患はよくなることはない」と誤解している人が多いですが、適切な治療で回復が可能な病気です。より早く見つけてより早く治療を始めるほどよく治ります。早く発見して適切な医療につなげたい。もっと言えば、発病前に見られるごくわずかな兆候をなんとか見つけて本格的な病気に移行するのを防ぎたい。それが若い世代の精神疾患にかかわる私たち精神科医の願いでもあるのです。

(文・熊谷わこ)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT