「精神疾患」発症する人の7割が25歳以下の現実

若い世代への教育や啓発が求められている

精神疾患は若い世代で発症しやすく、「心の病気」を抱えた子どもが増えています(写真:horiphoto/PIXTA)
子どもの心の病気が増えているのでは? そう感じている人も多いのではないだろうか。精神疾患の75%は25歳以下で発症するといい、若い世代への教育や啓発が求められている。東邦大学医学部精神神経医学講座教授の水野雅文医師に聞いた。

子どもの心の病気は増えている?

――精神疾患は「特別な病気」というイメージを持たれがちです。

そうですね。すごく珍しいイメージがあるかもしれませんが、さまざまな研究結果から、生涯5人に1人が何らかの精神疾患にかかることがわかっています。つまり特別な病気ではなく、だれもがかかりうる身近な病気と言っていい。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

精神疾患は若い世代で発症しやすいことも、あまり知られていません。海外の研究では精神疾患を持つ人の半数は10代半ばまでに発症しており、全体の約75%が20代半ばまでに発症しています。つまり精神疾患の多くが、学校教育を受けている年齢で発症しているということです。

――精神疾患を発症する子どもの患者さんは増えているのでしょうか。

まず、子どもに限らず全体のお話をしましょう。厚生労働省が3年ごとに実施している患者調査によると、2011年の精神疾患の患者数は約320万人、14年は約392万人、17年(最新値)は約419万人と、増え続けています。内訳としては、多いものからうつ病、不安障害、統合失調症となっています。これは医療機関を受診した患者さんのみのデータで、実際の患者数はもっと多いはずです。

次に子どもはどうでしょう。子どもの精神疾患に関する全数調査はありません。「630調査」という医療機関への調査をもとにしたデータから受診者数は推測できますが。問題は医療機関にかかっていない子の数が多いことなので、受診者数は適切なデータとはいえません。

また、小中高の児童生徒の自殺者数は近年2016年289人、17年315人、18年333人、19年339人と微増傾向が続いていましたが、コロナ禍となった20年は499人に急増しました。自殺者数が増える一方で、子どもの数自体は年々減っていますから、自殺率は明らかに増えていますよね、正確なデータはありませんが、ストレスの多さや生きづらさから、子どもの「心の病気」は増えていると言っていいでしょう。

次ページなかなか病院を受診しない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT