日本人として知っておきたい近代史 明治篇 中西輝政著

日本人として知っておきたい近代史 明治篇 中西輝政著

戦後日本が唯一の拠り所としてきた“経済大国”という誇りも、ここへきて色あせつつある。ではこれから先、この国は何を誇りにしていけばいいのかを考えた時、文明史等などを専門とする著者は近代史に示唆を見出す。

本書は近代日本の国体の根本を説いた吉田松陰からはじまり、岩倉具視、大久保利通、伊藤博文、乃木希典など、明治史における重要人物をたどりながら、「日本とは」「日本人とは」を考察する。

明治史が輝かしいのは、決して二つの戦争に勝ち抜いて西欧列強に肩を並べたからではなく、「志」を持った多くの人たちを輩出したからだと説く。彼らの生き方を知ることから未来の日本に思いを馳せる。

PHP新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 財新
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。