日本人として知っておきたい近代史 明治篇 中西輝政著

日本人として知っておきたい近代史 明治篇 中西輝政著

戦後日本が唯一の拠り所としてきた“経済大国”という誇りも、ここへきて色あせつつある。ではこれから先、この国は何を誇りにしていけばいいのかを考えた時、文明史等などを専門とする著者は近代史に示唆を見出す。

本書は近代日本の国体の根本を説いた吉田松陰からはじまり、岩倉具視、大久保利通、伊藤博文、乃木希典など、明治史における重要人物をたどりながら、「日本とは」「日本人とは」を考察する。

明治史が輝かしいのは、決して二つの戦争に勝ち抜いて西欧列強に肩を並べたからではなく、「志」を持った多くの人たちを輩出したからだと説く。彼らの生き方を知ることから未来の日本に思いを馳せる。

PHP新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。