日本人として知っておきたい近代史 明治篇 中西輝政著

日本人として知っておきたい近代史 明治篇 中西輝政著

戦後日本が唯一の拠り所としてきた“経済大国”という誇りも、ここへきて色あせつつある。ではこれから先、この国は何を誇りにしていけばいいのかを考えた時、文明史等などを専門とする著者は近代史に示唆を見出す。

本書は近代日本の国体の根本を説いた吉田松陰からはじまり、岩倉具視、大久保利通、伊藤博文、乃木希典など、明治史における重要人物をたどりながら、「日本とは」「日本人とは」を考察する。

明治史が輝かしいのは、決して二つの戦争に勝ち抜いて西欧列強に肩を並べたからではなく、「志」を持った多くの人たちを輩出したからだと説く。彼らの生き方を知ることから未来の日本に思いを馳せる。

PHP新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
保険の罠<br>いらない商品すべて教えます

医療保険、がん保険、介護保険、認知症保険、終身保険、貯蓄性保険、外貨建て保険、変額保険…。あなたは不要な生命保険に入りすぎていないか? 長い人生を考えたとき、役立つのは実は保険より貯蓄。ムダな保険の断捨離の仕方を教えます。