30代、"出世キャラ"でない自分を変えたい 冷めた「非・会社人間」から、脱皮できますか?

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
印刷
A
A

オトコ社会のキーワードをつかむべし

まずはステップ1です。著書にも書いたのですが、責任あるポジションに就いていた頃、私は偉い人たちとの会議でつねに空回りし続けていました。今考えると、すでに出来上がったコミュニティに強引に仲間入りしようとし、「認めて!」というオーラを出しまくった「うざい女」そのもので、偉い人たちも困っていたのだと思います。

空回りはさすがに自覚しますから、焦った私は、最も尊敬する元女性上司で、すでに高い役職についていらした方に相談しに行きました。すると彼女は、

「オトコはあなたと違う生き物なのよ。あなたらしさを理解してもらう前に、まずはあなたが彼らを理解しなければ」

と言いました。さらに「オトコ語」というキーワードを授けてくれて、

「どんな言語で会話しているかよく観察してごらん。オトコ語は英語と同じくらい共通言語だから、習得しておくといいわよ」

と言ったのです。

私はこの言葉で目が覚めた気がしました。オトコ社会という厳然たる現実。女性はまだ少数派ですから、「認めてほしい」と思ってジタバタしてしまうのは当然です。でも、そこには、彼らの慣習や言語があって、それを作り上げてきた歴史もあるわけです。逆の立場だったらやはり、異分子を受け入れるのに少し抵抗を感じたり、受け入れていい相手かどうか見極めたりしたくなるでしょう。

「こんな社会はおかしい!」と批判するのは簡単です。でも一方で、私たち女性は、違う生き物であるオトコたちの築いてきた社会、生態、気持ちを理解しようとし、そのうえでそこで輝くための振る舞いをする、というしたたかさを持ち、主体的に参加していくことが必要なのではと思うのです。

ちなみに、彼女は、私が「オトコ語」を理解していくために、「事実と数字」というヒントを与えてくれました。よく観察してみると、オトコ社会では、「事実と数字」で議論され、物事が判断される――そう実感が持ててから、私はそれに合わせた仕事の運び方を覚え、おかげでとても生きやすくなりました。

あなたの会社ではあなたの会社独自の「オトコ語」があり、コミュニティがあるかもしれませんね。でも、「相手を理解する」ことからしか自分を理解してもらえないのだ、というのはすべてに共通の原則なのでは、と思います。まずはじっくりとその仕組みと話される言語を観察してから、作戦を立てるようにしましょう。

次ページスペシャリストでは厳しい
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT