衆愚の時代 楡周平著

衆愚の時代 楡周平著

作家である著者が「世間の糾弾を浴びることを覚悟で」今の政治家や官僚、マスコミにしたり顔で登場する文化人、知識人などの偽善的言説を一刀両断する。

たとえば、昨今の労働環境についてテレビ番組などは、弱者や労働者の味方のふりをして、権力や企業を「派遣切り」「下請けいじめ」とたたく。その実、自分たちは番組制作のほとんどを制作会社に丸投げ状態。局員の高給を守るために、予算が減れば下請けに払う制作費を削るだけ。制作会社や現場のADなどは奴隷同然にこき使う。

とかくこの世は偽善がまかり通っているというわけである。善人を装わなければ公の場で発言できない現代社会への痛烈な批判。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 就職四季報プラスワン
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。