衆愚の時代 楡周平著

衆愚の時代 楡周平著

作家である著者が「世間の糾弾を浴びることを覚悟で」今の政治家や官僚、マスコミにしたり顔で登場する文化人、知識人などの偽善的言説を一刀両断する。

たとえば、昨今の労働環境についてテレビ番組などは、弱者や労働者の味方のふりをして、権力や企業を「派遣切り」「下請けいじめ」とたたく。その実、自分たちは番組制作のほとんどを制作会社に丸投げ状態。局員の高給を守るために、予算が減れば下請けに払う制作費を削るだけ。制作会社や現場のADなどは奴隷同然にこき使う。

とかくこの世は偽善がまかり通っているというわけである。善人を装わなければ公の場で発言できない現代社会への痛烈な批判。

新潮新書 714円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。