橋下徹「ベーシックインカムがいま必要な理由」

金持ちにはいったん支給して「税金で回収」せよ

テレビのコメンテーターとしても活動する橋下氏  
いまや日本を代表する論客といえる橋下徹氏と堀江貴文氏。
2人の共著『生き方革命 未知なる新時代の攻略法』では、働き方・お金・学び・教育・都会生活などについて、2人の持論が展開されています。
本稿では、同書から一部を抜粋しお届けします。

人に頼られ、人に頼る。人を助け、人に助けられる。このやり取りの連鎖によって社会は成り立っている。

「自助、共助、公助」 という言い方がある。自分自身や家庭で何とかするのが自助、地域などのつながりで助け合うのが共助、公的な機関による支援が公助ということになる。

「共助」が充実していた昔の日本

昔の日本は、共助が充実していた。

町内にはお節介なおじさんやおばさんがいて、住民の近況をしっかり把握していた。食材や日用品は、商店街にあるなじみの八百屋や魚屋で買う。おかずやもらい物が余ったら、隣近所にお裾分けする。

地域社会のウェットな人間関係は時に煩わしく、息苦しいものにもなるが、共助として機能していたのは間違いない。

日本の政治行政も、ウェットな人間関係を前提として社会保障の制度を設計してきた。また公助といいつつも、役所と住民の関係もウェットだった。役所の窓口で働いている公務員も、是非はともかくとして、顔なじみの住民に自分の裁量で融通を図ったりもしていた。

「自助、共助、公助」は、それぞれが独立しているのではなく、一体となって初めて機能する。

自己責任の自助で頑張れ、それが無理なら共助、最後に公助を頼れと言われても、いまや共助は果てしなく薄くなっている。

次ページ背景に一人暮らしの増加
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 若者のための経済学
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT